0236
かなり無理なローンではあったが新婦と家を構えた俺を、悪友たちがお祝いしてくれることになり、悪友たちが約束通りビールとスナックを抱えてやってきた。


連中は、持ってきたものを妻に手渡して、ソファに座り込むと健二が俺に聞いてきた。

「おい、いつのまにこんなかわいい奥さんをめっけたんだい?」と。

「俺のあそこがいいてっさ??」とニタニタして応える。

昔から酒に女に、一緒に遊び回っていた悪友たちだ。

自然話は下の方へ行く・・・。


「それが本当なら、あっちのサンボンのモノになってるはずだぜ」とも言う。

俺は笑って、「それもそうだな」と言った。

妻はよくわからずに恥ずかしそうに微笑んでいるだけだった。


妻はこれまで2、3回しか俺の友達に会っていなかった。

実際、誰も知らないんじゃないかと思う。

最初はちょっと恥ずかしそうな感じにしていたのだった。

だが、酒が進んでくるといつもの明るい妻に戻っていた。

妻は自分から進んでビールを注いでくれたり、チップスを用意したりしくれていた。

そのうち男たちはかなり大騒ぎになり、ビールが急速に消費されていく。

妻が短いスカートで跳ねるようにして立ち上がって台所に行く所を、みんなが目で追っていた。


体に密着したタンクトップと短いスカート姿で、体の線がはっきりと見えてた。

タンクトップの方は、胸元が切れ込んでいて豊かな谷間が見えていた。

スカートの方も彼女のお尻を隠し切れていなかった。

彼女は、注文のビールを抱えてすぐに戻ってきた。

普通よりちょっと体を揺らしながら歩いてきたのに俺は気がついた。

妻もかなりビールを飲んでいたのは確かだった。

彼女は男たちに見られているのを知っていながら、見せてあげているのだと思った。

乳首がもうかなり立っていて、タンクトップの薄手の生地を通して見えていた。

妻は腰を下ろしてにこやかに話を続けていたが、次第に会話は途切れがちになっていった。


沈黙を破ったのは妻だった。

サンボンに質問したのだ。


「サンボンってあなたのあだ名なの?本名じゃないわよね・・・変わってるわね・・・」

サンボンはニコニコして、俺たちもクククと笑った。


「何がそんなにおかしいの?」

サンボンは「聞かない方がいいよ・・・」とニタニタ笑いながら言った。

彼女は、ちょっとためらいがちに微笑んで俺たち四人を見回していた。

そして、キュートなかわいい声で聞いた。


「どうしてなの?」

みんなの笑い声は大きくなった。

妻は、楽しそうな表情から、イライラした表情に変わっていった。


「あなたたち、私を馬鹿にしてるの・・・どうして、意味を教えてくれないのよ?」
「本当に知りたいのかい?」

そう俺が聞いたら、彼女はうなずいた。


「ほんとだね?」

念を押すと、妻は大きな声を上げた。


「そうよ、もうからかわないで」

俺は健二に答えを教えるように身振りで伝えた。

健二は話を始めた。


「サンボンってのは、サンボン目の足のことさ・・・。

彼の真ん中の足は、人並みはずれてるんだ・・・」

「まあ・・・」

妻は顔を赤らめていた。

みんなはニコニコして、真っ赤になった妻を見続けていた。


「風呂にはいる時に、二本の足と、真ん中の足とで、三回!ボッチャン!・・・とお湯の音がするのさ・・・。

それで、サンカイボッチャン・・・略して、サンボン・・・」


ちょっと間を置いてから、ためらいがちに妻は聞いた。


「それで・・・どのくらいなの?」
「ははっ・・・まさか・・・今、ここで教えろってのかい?」

サンボンがニタニタと答えた。


「ええ、聞いているのは、どのくらい長くなるのかってことだけど・・・」

妻はかすれ声だった。


「まあ、25センチくらかな・・・」等と、自慢げに言った。

「まさかあ・・・からかわないでよ・・・」

妻は頭を振りながら笑って言った。

人の良いサンボンも妻の疑いの言葉にちょっと馬鹿にされたような気持ちになったようだった。


「じゃあ、みせてやろうか?」
「ええ、証明してみてよ!」

驚いたことに、妻はそう言った???
俺が知っている限り、妻は俺以外の男の裸を見たことがない。

俺たち二人とも童貞と処女の間柄だったからだ。


サンボンはむっとして、ズボンを降ろして大きな膨らみを見せた。

酔っぱらっていたので、なんと、さらに続けてブリーフも膝まで降ろしていった。

サンボンの大きなぶら下がりは、足の間の陰嚢の下に畳まれたようになって隠れていた。

柔らかいが、15センチ以上はあったと思う。


妻は、もっとよく見ようと椅子から腰を上げた。

彼女がペニスのサイズに驚いていたのは確かである。

でも、彼女はその気持ちを表に出さないように努めていた。

妻は作り笑いをしながら言った。


「なんだ、25センチなんて嘘じゃない?」

サンボンは声を大きくして応えた。


「そりゃそうさ、まだ固くなっていないんだから」
「そんな言葉、信じろっていうの?」

サンボンは怒りを交えてこう言った。


「そんなら、こっちに来て2、3回擦ってみろよ。

そうすれば、25センチにお目にかかれるぜ!」


サンボンはちらっと俺の方を見て、それから、声を落ち着けて言った。


「ああ、ごめんごめん・・・いや・・・冗談さ・・・」
「ははっ・・・まあいいさ・・・今の長さを聞いていたんじゃなくって、どれだけ長くなるかを聞いたんだから、それでいいんだよ」
そう俺は言った。


妻は、ちょっと確かめるような表情で俺を見た。

妻はサンボンのペニスがどれだけ大きくなるのか知りたがってる。

だが、それを手で擦ってやる気はない。

そう俺は思った。


妻は聞いた。


「触らずに、固くさせる方法はないのかしら?」

サンボンはちょっと考えてから言った。


「それじゃ、ちょっと脱いで見せてくれたらいいと思うよ。

旦那様が気にしなければ・・・の話だけどね」


妻は俺の方を見て、反応をうかがっていた。

俺は両手を広げて肩をすぼめて見せた。


「まあ、しょうがない」といった動作だ。


決断はまかせることにしたのだ。

俺が妻に判断を任せた理由には、俺自身彼女のセクシーな身体を見たかったというのもあった。

それに、他の男たちが見ても実際、俺は気にしなかった。

彼女がストリップでも見せてくれたらいいなと、俺はひそかに思っていた。

だが、流石にそれは無理だろうとも思っていたのだ。


「でも・・・」

妻は少し考えていたが・・・ふいと立ちあがった・・・。

こちらを向いて、にっと笑った・・・彼女の生き生き顔は、今や、淫靡な表情を湛えていた。

ペニスからひとときも目を離さず、体をくねくねさせ始めた。

僕は妻が昔ディスコが好きで、よく踊りに行っていたという話を思い出していた。

両手をお尻に当てて前かがみになって、大きな乳房を前に押し出したりする。

かと思えば、まるでセックスしている時の動きのように、恥丘の部分を前に突き出したりもする。

妻は確かに大きなペニスに影響を与えていた。

もはや、柔らかくはないが、まだ25センチにはなっていなかった。

妻はがっかりした表情になり・・・「やっぱり脱がなきゃあ、だめ・・・??」と言い・・・こちらを眺めた妻に、僕はにやっと笑って見せた・・・。


妻は、飛び跳ねるようにしてステレオに向かうと、音楽を鳴らした。

彼女は前と同じようにダンスし、さらにいろいろセックスをほのめかす体の動きをして見せた。

もし、妻が昔、ディスコのお立ち台でこれをやっていたのだとしたら・・・さぞかしフロアの多くの男の股間を堅くしたことだろう・・・。

僕は妻の過去の不安なものを覚え始めた・・・。


少し経った後、妻は体の前で腕を交差させ、タンクトップのすそを握った。

交差した腕は、ゆっくりと上がり、胸の前を過ぎ、頭の上に上がった。

薄手の赤いブラジャーが乳房を支えていたが、カバーしている部分はきわめて少なかった。

大きな乳房は、ほとんど露出しているも同然だった。

それから両手の親指をショートパンツの腰に引っかけた。

そして、体をくねらせながら、脱いでしまった。

これでブラとマッチした紐パンティだけの姿になってしまった。

いくらビールで酔っぱらったにしてもあんまりだ・・・。

妻は、サンボンの寝ていても大きなチンポに、酔っぱらってしまったのか??

パンティはすでに小さな半透明の布切れのような状態になっていた。

かろうじてきれいに手入れされた恥毛を覆っている。

スパゲッティのような紐で腰に引っかかるようになっていた。

後ろの方の紐は、お尻の割れ目に食い込んで見えなくなっている。

お尻は丸見えだ。


体をかがめて乳房を押し出すような動きをすると、お尻の二つの肉が左右に分かれて見えた。

紐が中央線となって、はっきりと肛門が見えてしまっていた。

男たちは彼女が服を全部脱いでしまうのを待ち望んでいた。

だが、彼女はまた迷っている。

俺の方を見て、反応をうかがっていた。

俺は再びうなずいて見せた。


彼女は、それを見て、俺に投げキッスをした。

背中に手を回してブラのホックを外そうとする。

その彼女の行動は、もちろん、サンボンのビッグなペニスにもいい影響を与えた。

妻は頭をもたげ始めたペニスの反応を見て、決意を固めたようだった。

何としても、それを大きくしなければならないと。


妻は俺たちに背中を向け、背に手を伸ばしてブラのホックを外した。

ブラのカップを乳房に当てたまま両手で押さえていた。

ブラの紐がスルリと肩から滑り落ちた。

彼女はゆっくりと腰を振りながら俺たちの方に向き直った。


顔の赤味は消え、代わりに淫乱な表情が浮かんでいた。

カップを当てたまま、大きな乳房を両手で持ち上げるようにして見せる。

さらに、両乳房を中央に左右から押し合わせても見せる。

そして、ゆっくりとカップを降ろし、大きく固くなった乳首をみんなが見えるようにした。


体をくねくねと揺らし続けていたが、乳房もそれに合わせてゆらゆらと揺れていた。

妻は大きなペニスが彼の腹の上でピクン、ピクンと跳ねているのに気がついた。

だが、まだ完全には固くなっていない。


両手の親指をパンティーのバンドに引っかけた。

そして、パンティーの生地をぐっと前に引き伸ばし、股間の恥丘から離すようにした。

彼女の柔らかい巻き毛が見えた。

それからくるりと背を向け、ゆっくりと背をかがめ、小さな柔らかい布切れを足首まで降ろした。


この動きのため、彼女のアヌスとあそこが、そこにいる誰にも丸見えになっていた。

その眺めをさらに効果的にするように、彼女はさらに足を広げた。

そのため畳まったようになっていたあそこが、ぱっくりと口を開けるのが見えた。

しとどに濡れているのがはっきり分かった。


彼女のパンティーについていた染みが、さらにその事実を確証した。

俺は、信じられずにこの光景を見ていた。

自分の美しい、純粋無垢な妻が、男たちの目の前で裸でダンスをするなど考えたこともなかった。

彼女が異常なほど興奮しているのは明らかだった。


妻は再びペニスに注意を向けた。

まだ彼の腹の上に横になっている。

でも、長さは増したようだ。

彼女はダンスを続けていた・・・何度かちらちらと俺の方を見る。


妻はゆっくりとサンボンの股間の方に近づいていった。

そして片方の膝で優しく股間を突っつき、そのプラムほどの大きさのボールに膝で触れた。

そうやって、しばらくそこを膝頭で優しく撫でていた。


一度か二度ペニスがピクン、ピクンと動いた。

まるで、それがご褒美のように。

だが、まだまだ、完全には固くなっていない。

妻はイライラした表情で俺の方を見た。


俺はただ肩をすくめただけだった。

それを見て彼女は決心をさらに固めたようだった。

彼女は俺の目を見ながら、ゆっくりと両膝をついて腰を降ろした。

その時、ようやく俺の間抜けな頭でも察知した。

彼女は完全に勃起させるためなら何でもするつもりでいるんだ!

ペニスを右手に握り、ゆっくりとストロークさせはじめた。

彼女の目の中に情熱的な何かが現われているのに気がついた。

彼女がこれ以上先に進むのを、俺が止めるかどうか?俺に挑戦しているようだった。


僕は一方では自分のかわいい妻の淫乱な行為を止めさせたいという気持ちになっていた。

だが、もう一方では、別の自分が現れているのに気がついていた。


「あの怪物を口に詰め込んで、口を犯してもらえよ!」と期待している自分だ。


俺が優柔不断でいたこともあるし、恐らく俺の目の中にいやらしい興奮を察したということもあるのだろう。

ついに妻は、自分で行動を決定することにしたようだ。


なんと、妻は友人の亀頭を、その柔らかな小さな口へと導いていったのだった。

数回、頭を上下させてフェラをしていた。

キラキラ光る瞳を俺の目から離さず、じっと俺の眼を見つづけていた。

でも唇は自在に踊って、友人の巨大な逸物を刺激し続けている。

彼女の行為は、俺自身が考えていたよりも激しく俺の心を揺さ振った。

俺は非常に驚いていた。


自分の可愛い優しい妻が、その柔らかな赤い唇を、誰も見たことのないほど大きな黒い男根のまわりに絡めている。

夢中になって、その男根を大きくしようと努めている。

実際、その努力は功を奏しているようだった。


俺が彼女の行為に反対しないのに満足して、俺から目を離した。


そして、今度はサンボンの顔の方に視線を集中させていた。

俺は妻の行為を承認したとは自分では思ってはいない。

ただ、あまりにも興奮しすぎて彼女を止めることができなかっただけなのだった。


サンボンも驚いていた。

友人のかわいい奥さんが、自分の大きな黒ペニスを献身的におしゃぶりしている。

彼のペニスの頭を舐めたり吸ったりしながら、妻は、その瞳で彼に催眠術をかけていた。


ペニスはどんどん膨れ上がり、彼女の手首よりも太く、二の腕よりも長くなっていた。

その頭の部分だけを口に収めるのが、彼女にできる精一杯だった。

それでも妻は、なんとかしてこの怪物ペニスを口に含もうとしていた。

柔らかでふっくらとした唇が、今や薄く緊張した唇へと引き伸ばされていた。


口に入れることができたのは、その25センチの3分の2ほどまでだった。

それでも、その間に、シャフトを舐め擦ったり、ボールを口に含んだりもしていた。

そして、ずっと友人の眼から視線を外していなかった。

なかなかの見物だった。


サンボンは今や完全に勃起していた。

そして、その点に関しては他の男たちも同じだった。

俺は、自分が今度はどうなって欲しいと思っているのか、自分でも解らなくなっていた。

僕の悪友は、自分が言った通り、巨大なペニスを持っているということを妻に証明したのだ。

だから、ここで話しは終わるはずだった。

妻もここで止めようと思えば、やめることができたはずだった。


だが、どうやら、彼女はその気がないようだった。

俺は、妻がフェラを始めたとき、確かに驚いた。

だが、その次に彼女が始めたことに比べたらそんなことは何でもないことになってしまうだろう。


妻は、ペニス全体を完璧に舌先で舐め清めた後、ゆっくりと体を起こしていった。

肉体を這い上がるようにして身体をあげ、そのついでに大きな乳房も引きずっていった。

二つの乳房を、最初は、彼の両足に、続いてペニスに、そして腹部と胸に当てながら這い上がる。

そして、彼の唇にしっとりとしたキスをし、舌先を彼の口の中にヌルヌルと差し入れていた。

俺は、夢中になってその光景を見ていた。

だから、彼女の他の行動にまったく気が付かなかった。


妻は、あそこを岩のように堅くなった怪物ペニスの位置に近づけていたのだ。

そして、ゆっくりと身体をそのペニスの頭に沈めていたのだった。

そのことに気がついたのは、健二に教えられてだった。


「彼女、やるつもりだぞ!」

自分の家の居間で起きている、この淫猥な行為にすっかり虜にされてしまっていたのだった。

サンボンのペニスは長いだけでなく非常に太い。

そのため、可愛い妻の中に侵入できるにしても、5センチ程度がやっとのようだった。

彼女は、何とかしてその野獣を体の中に入れようともがいているようにみえた。

腰を前後左右に揺らして、いろいろ試みている。

だが無駄のようだった。

とうとう、彼女はキスを止め、身体を起こした。


でも、この姿勢を取ったおかげで、彼女は全体重をペニスの上にかけることになった。

ゆっくりとではあるが、どんどんと彼のペニスが妻の中に姿を消していく。

彼女は、これまで聞いたことがないような呻き声をあげている。

まるで、彼のペニスが1センチ侵入するごとに、身体じゅうが震え、ゾクゾクする快感が情け容赦なく送り込まれているかのようだった。


妻は、両目を閉じながら、身体を沈めていった。

彼女のあそこは最大に拡張されている。

まるですっかり形さえ変わっているようにみえた。

実際、今は、彼女のあそこが見えなくなっている。

侵入が進むにつれ、彼のペニスが両太股に触れるまでになっていたからだ。

彼女のアヌスも、太った肉棒がさえぎって姿が見えなくなっていた。

身体の前では、シャフトがクリトリスをグイグイ押しつぶしている。


このため、妻が非常に激しいオーガズムを味わっているのは間違いなかった。

とうとう、妻はこの巨大なペニスを20センチ以上も取り込んだのだった。


皆が驚き、感心しながら見ている前で・・・僕の大事な新妻はその子宮の奥底にまで串刺しにされている。

そして妻は、今度はその野獣から腰を上げて離れようとした。

彼女が腰を上げるのにあわせて、キラキラと光り輝く黒い大きなペニスが姿を現す。


その亀頭がはじけるように抜け出るかというところになると、再び下降の動きを始めた。

始めての挿入の時とは違い、今回は十分な潤滑がある。

びしょぬれに濡れそぼった妻が、それを助けていた。

上下する回数が増すごとに、それに要する時間はますます短くなっていった。

今は、二人は夢中になってピストン運動をしている。


妻は、その間も、さらに2.5センチ、巨大ペニスを中に入れていた。

あと2.5センチも入れば、デカチンポの全長を妻の中に入れることになる。

ここまで来たんだ。

ついさっきまで純粋無垢だった自分の妻が淫乱に振る舞う。

それを俺は見て楽しんでいるのだ。


妻とセックスしている間、この悪友は大きな両手を彼女の細いウエストに当てて押さえていた。

上下のピストン運動の手助けをしているのだ。

彼の指は腰の後ろで接しあい、腹の前では二本の親指が6センチ程度しか離れていなかった。

サンボンは妻の身体を自在に操って、まるで自分のペニスの上に叩き降ろすようにしていた。

まるで妻の体を使ってオナニーしているかのようだった・・・そして、その動きは、さらに荒々しさを増していた。


妻は、椅子の背もたれに両手をついて、自分の体を支えていた。

この姿勢のため、彼女の大きなオッパイがサンボンの顔の近くでブラブラ揺れていた。

サンボンはこれを利用して、口で彼女の乳首を手荒く扱っていた。


ときおり、妻の乳首を歯で捉え、ぎゅーっと引っ張るような動きをする。

だが、そうされるたびに、妻は大きな声でよがり声をあげていた。

この体位で、俺が数えたところでは、彼女は少なくとも4回はオーガズムを感じていた。

僕の悪友は、その後、出し入れの動きのスピードを落とした。


「わんわんスタイルになろうぜ」

妻は従順に言われた通り、ゆっくりとペニスから離れた。

サンボンから離れると、妻はすぐにそのデカチンポが恋しくなっているような表情を見せた。

悪友は体を起こし、妻は椅子をまたいだ。

頭を椅子の背もたれに当てて、巨大な逸物が侵入して来るのを切なそうに待っている。


サンボンは、まもなくその道具を妻の穴に埋め込んでいった。

再び妻のよがり声が始まった。

二人の行為は、さっきよりも更に激しさを増していた。

今度はサンボンが動きの主導権を握っているからだ。

彼の撃ち込みのスピードは、信じられないほどだった。


妻は、ギリギリの快感から・・・ついにシクシクと泣き声をあげていた。

サンボンはさらに太い親指を妻のアヌスに挿入し、彼女の快感を更に高めていた。

これによって、彼女のよがり声は更に高まった。

そして、その後、長々としたオーガズムが彼女を襲ったのだった。

俺は驚いていた。

妻は、これまで俺に決してアヌスに近づくのを許してくれなかったからだ。

なのに、今は、この姿だ。


俺の友達の親指でそこをふさがれ、狂ったように激しいオーガズムを感じている。

妻は喜びまくっている。

ストリップのまねも、セックスのきっかけになったフェラチオも初めてだった。

この種の扱いを妻にしてもらったことは俺はなかった。

悪友は、妻にピストン運動をしながら、指でアヌスをいじり続けている。

大きな指を、さらに二本、彼女のアヌスにぎりぎりと挿入したようだ。

その指の潤滑を、妻のあそこから出てくる泡のような愛液で得ている。


「どんな感じだ?」サンボンが聞いた。

「あああ、す、すごいわ!!」

妻は息もとぎれとぎれに応えた。


「お尻の穴の指もいい感じだろう?」
「ええ、そうよ」うめきながら答える。

「お尻の穴も俺にやって欲しいんだろう?」

妻は子供のような眼を大きく見開き、純粋な淫猥さを浮かべた表情で友人を見つめた。


「そ、そうなのよ、やってぇ」

ショックを受けた。

サンボンは、妻の拡張されきったあそこからペニスを引き抜いた。

そして、ゆっくりと彼女のアヌスに押し当てていく。

俺はそれをじっと見ていた。

裏門を侵入する時、僕のかわいい妻は痛みの叫び声をあげていた。

蜜壷からの愛液で潤滑を得てはいたが、侵入は容易ではなかった。


だが、彼は、ゆっくりとではあるが着実に侵入のピストン運動のスピードを上げていった。

そして、先ほど彼女のあそこに対して行なっていたスピードと同じスピードをアヌスに対してもするほどになっていた。

妻は、毎回、押し込まれるたびに、キーキーと声を上げた。

その時、見学していた友人たちがいつのまにやらがペニスを出して、椅子の後ろに立っているのに気がついた。

僕の大事な妻はそれに気がつくと、まったくためらいも見せずに口にくわえた。


アヌスに激しく打ち込みをされながら、二人の男のペニスをおしゃぶりしているのだ。

しばらく、一人のペニスをおしゃぶりしては、別のペニスに移る。

それを交互にしている。

この光景があたえる興奮は、健二にとっては過剰なものだった。

彼は激しく背を反らす動きを開始した。

彼は精液を妻の口の中に放出し、溢れさせた。

そして僕のかわいい妻はそのネバネバした液体をすべて飲み込んだのだった。


これにも俺はぶっ飛んでしまった。

これまで一度も口の中に出すのを許してくれなかったからだ。

妻は美味しそうに彼のペニスを舐め清めた。

それから、素早くもう一人の方を向いた。

友人が射精すると、素早く、その肉茎を口で咥えこみ、残りの濃い体液を口に受けていた。

彼の場合もきれいに舐め清め、その後、自分の顔についたものを自分で口に運んでいた。

サンボンは、彼女のアヌスに出し入れをしながら、この光景の一部始終を見ていた。


「どうやら、男の出すものが大好きらしいな。

お前の後ろにいる俺様も一発でかいのをやることにするよ」


そう言って、素早くアヌスからペニスを引き抜いた。

妻はくるりと向きを変え、椅子に座った。

そして、ためらいもせずペニスを握って自分の口に詰め込んだ。

大量の精液をゴクゴクと彼女が飲み込んでいくところをみんなで見ていた。

喉にゴクゴクと飲んだ回数は5回にもなったと思う。

その時になってようやく射精が収まったのだった。


妻は、その後、自分の肛門に収まっていた道具をきれいに舐めて清めていた。

完全にふしだら女になっていた。

俺はまったくわけが分からなかった。

大事な妻がどうして友達に突然こんないやらしい行為をするのか。

新婚初夜の時、彼女は俺のスペルマを試しに味わってみたことがあった。

だが、「もう絶対駄目よ!!!」って俺を脅かしたことがある。

当然、アナルセックスについても、いつも俺の要求を断り続けていた。

なのに、今、彼女は自分の直腸から引き抜かれたばかりのペニスから、その付着物を美味しそうに舐めとっているのだ。

妻はお清めの仕事を終えて顔を上げ、瞳を大きく広げて言っている。


「誰か他に、私をもっと犯しまくりたい人いる?」

もちろんみんな名乗り出た。

その日は、最後まで、ありとあらゆる方法で俺たちは彼女をやりまくった。

その日の妻の一番のお好みは、これだ。

サンボンにあそこをやってもらい、健二がアヌスにぶち込み、そして俺を彼女がおしゃぶりする体形だ。

何と言っても驚いたのは、俺たちが出した後、妻が常に舌できれいに舐めとったことだった。

俺たちのペニスを舐め、陰嚢を舐め、肛門まで舌を伸ばしてフィニッシュしてくれるのだった。


最後になって、俺は聞いた。

なんで突然、あんなにいやらしく変身したのかと。

ちょっと沈黙した後、彼女は応えた。


「解らないわ。

多分あのチンポが私の中の淫乱な部分を表面に出したのね」


唖然として俺は聞いた。


「俺はどうなんだい?俺はお前の淫乱さを引き出さなかったのかい」

僕の大事な妻はかわいい笑顔で素早く応えた。


「だって、あなたの大きさじゃあ・・・」

終了