0021
私、女だてらにひとつの部署を任されています。


女性の多い部署ですが春の移動で若い男性が二人入ってきました。

二人合わせても私の年齢より若い子達です。

ここ数日残業が続いたので昨夜全員で食事会を催しました。

二次会では定番のカラオケ。


若い人たちの歌にはついていけなくて聞き入る振りだけしていましたが、男の子の一人が察したのか「一緒に歌いましょう」と懐メロを掛けてくれました。

お母さんがよく口ずさんでいたとのことで、何だか気恥ずかしくもあったのですが何曲か付き合いました。

そうこうしているうちにお開きの時間。

男の子二人が送ってくれるとのことで一緒の車に乗り込みました。


「BOSSっていくつなんですか?」と、不躾な質問から「でも若く見えますね。

母より年上なんて思えません」「彼氏はいるんですか?」と続きました。

もちろん結婚しているし、娘たちもすでに結婚して別居。

毎晩仕事を終えて亭主と二人の会話のない生活に退屈もしていたのですが、「僕らがマッサージしてあげましょうか?」との言葉に、素直に従ってしまいました。

男の子二人がこんなおばさんとなんか起きることなんて想像もできませんから。

ラブホテルに車が滑り込んでもマッサージねと信用しきっていた私はうきうきしながら部屋に入りました。

そこは戸建になっていて、露天風呂までついている少し豪華なところでした。

何十年ぶりかでそんなところに入った私です。

間もなく「湯がたまったからどうぞ」と一人が勧めてくれました。


「見ちゃ駄目よ。

見るわけないか・・」などと軽口を叩きながら、ライトアップされたお風呂に浸かりました。


すると、少しして二人が入ってくるではありませんか。

しかも前を隠しもせずに。

亭主以外のそれを見るのは久しぶりでした。

まして子供よりも若い子のをいっぺんに二本も。

声も出せずに後ろを向いていると近寄ってきて優しく肩を揉み始めました。


「嬉しいんだけど、その前を何とかしてくれないかなぁ」と、私が言うと二人揃って大きく膨らんだそれを顔に近づけてくるんです。


「しゃぶってくれるんですか?BOSS」

二本が目の前にあります。

私、亭主ともしばらくなかったので確かに飢えていたのかも知れません。

二本を掴んで、一本に口を寄せました。


一人が後ろに回って私のお尻を持ち上げ、キスしてきました。

凄く濡れているのがお湯で誤魔化せたのでしょうか?

間もなく後ろから腰を抱えたS君に挿入されてしまいました。

お口の中にはT君のものが入ったままです。

凄く興奮しました。

しばらくぶりのSEXを二人からされているんですから。

S君はすぐにイッテしまいました。


T君が浴槽のふちに腰を掛けたまま「BOSS、後ろ向きにここに座ってください」と言いました。


私はS君のでイケナカッタ分を取り戻すかのように後ろ向きに跨り、T君のを受け入れました。

まだS君のが残っている中に、T君のが刺さってきます。

今度はS君がお口に宛がってきました。

射精した後の青臭い匂いを嗅ぎながら舐めまわしてあげました。

みるみる回復するS君にびっくり。


「BOSSって仕事も凄いけどエッチも上手ですね」

何度も何度も回復する若者に翻弄されっぱなしでした。

ベッドに移動してからのそれは私も初体験のことでした。

S君の上で腰を振っていると、後ろからT君がお尻の穴に指を当ててくるんです。

くすぐったいような変な気持ちでしたが、間もなく後ろから覆いかぶさるようにしてお尻の穴に侵入してくるんです。

びっくりするのと痛いのと同時でした。

押さえつけられ無理やり入ってきて二本が中で蠢いています。

二人が射精するのはほぼ同時でした。


私自身はよく判りませんでしたが、久しぶりのSEXには満足したようです。

また明日から残業でしごいて、そのあとまた別の残業を申し付けようと思っています。