0060
最初は気にも止めてなかったのだが、俺の男友達がみんな「おまえの姉ちゃんとSEXしてぇ」などとよく言うので、弟の俺もだんだん姉を女として見るようになってきてしまった。


顔は並だけど、身体はいい。

あんな奴ら(友達)にやられるくらいなら、いっそ俺が先にやりたいと思った。

姉貴でオナニーする回数も増えていき、姉貴が居ない時は黙って姉貴の部屋に忍び込んで、パンティ借りたり、制服の匂いを嗅いだりしていた。


そんなこんなで最近、どうにも理性が抑えられなくなって、とうとう俺は行動に出た。

夜、家族が寝静まった時間、姉貴の部屋に入る。

姉貴の部屋は離れにあるので親には気付かれない。

寝静まった姉貴にいきなりキス、胸を脱がして乳首を舐める。

俺はすでに下半身を脱いでいた。

胸に吸い付いている時に姉貴が起きた。

当然、姉貴は激しく抵抗した。

俺は馬乗りになって姉貴の口を抑え、声を殺した。

顔に布団をかけて声が漏れないように押さえつける。


「姉ちゃん、頼む、頼むよ・・・1回、1回でいいからやらせて!」
「いゃーっ!やだーっ!いゃーぁぁ!!」

力ずくで姉貴の足を広げ、下着を剥ぎ取り、俺の体を押しつけた。

かなり抵抗されたが、ここまでやってしまったからにはもう止めるわけには行かない。


指を入れた。


「いゃーぁぁ!!」

69の体勢になり、姉貴の顔に布団をかけて足で押さえ込む。

姉貴の足を強引に広げて指を入れ、中まで入念に愛撫した。

徐々にだが姉貴は濡れてきていた。


布団をかけているから声はあまり漏れない。

姉貴は俺の背中を叩いて激しく抵抗した。


「姉ちゃん、大人しくしろ!」

姉貴は抵抗を止めなかった。

仕方なく体を入れ替え、俺は姉貴の上に覆い被さり、両手を抑えキス、さらに胸に吸い付く。


「やー!やめてぇぇぇー!!」

とうとう泣き始めてしまった。

それでも俺は手を緩める事無く、

「姉ちゃん、もう諦めろ!」

姉貴のベッドの上で数十分格闘し、姉貴ももう逃げられないと思ったのだろう。

泣きながら抵抗を止めた。


挿入する時には、姉貴も「それだけは止めてぇ!!」と、再度抵抗したが、興奮した俺は止めるはずも無く無理やり押し込んだ。


姉貴は静かに泣き続けていたが、ピストン運動を繰り返し、正常位、バック、横向きと、体位を替えて攻めつづけると、姉貴も段々良くなって来たようだ。

手で感じる声を抑えるように口を抑え、俺が正常位でピストンする度、姉貴は小声で萌えていく。

濡れていて乳首も立っている。

手で隠してはいたが姉貴の表情は、もう行く寸前だった。


「姉ちゃん・・・イかしてあげるよ。

気持ちいい?先に行っていいよ?」

「んぐー・・・はっぁぅ・・・いやっ!やだぁ!」

構わず、ピストンする。

口では嫌だって言ってるけど、姉貴はもう抵抗をやめ、声を殺す事に必死だった。


「やだ・・・あっ、やめて・・・!いやぁ・・・やだ・・・ぁ」

もう少しで姉貴は行く。

クリトリスも同時に攻めた。


姉貴は自分で布団を頭にぱっとかけて顔を隠した。

と同時に小声で「うーっ」という声が聞こえた。

オマンコの中がピクピクし始める。

姉貴が足を広げ、奥まで入れやすくオマンコを広げた。


「姉ちゃん、ほらっ!いけ!いけ!いけぇぇ!!」

ピストンを早め、奥の方を入念に突く。

姉貴の行く時の顔が見たくて布団を強引に剥ぎ取った。


姉貴は布団を取られないように抵抗したが力が入らない。

布団を取り、姉貴の顔を見る。

目をつむり、のけぞって顔を赤らめていた。


「あ、ぃくっ・・・」という小声に合わせて、姉貴はいった。


痙攣した様になり、体中に力が入って俺の手を握り締めいったのだ。


ピストンは続けながら、

「姉ちゃん?いったね。

どう?気持ちよかった?」


姉貴はちょっと、はにかんだ顔をして・・・

「んーもぅ!なんてことすんのあんたは・・・!(〃^∇^)」

姉貴の笑みを見てホッとした。


「ごめん、でも姉ちゃんも気持ちよかったでしょ?」

ピストンを少しやめ、姉貴と座位でキス。


「もー信じらんない・・・君おかしいよ・・・」

「まあいいじゃん。

姉ちゃん今度は、俺をいかせてよ、ねっ?」

「まったく・・・(〃^∇^)」

この後、姉貴のお腹の上に白い液体を発射し、お互いを拭きあって終わった。


今でも親の目を盗んでは、離れで姉貴とSEXを繰り返している。

うじうじ悩まないで、思い切って行動に出てよかったと思う。