0423
年下の浩二君は女好きそうな感じでした。


ある時に飲み会で潮吹きの話題になり、リアルな話にドキッとさせられた。


酔って歩いてて思わず、

「出来るの?」と彼に聞いたら、
「うん!きっと気持ちいいよ」と言われ・・・

「試して見ようよ」と、路地裏に引っ張り込まれた。


「ちょっと」と抵抗したけど、
「試して見ようよ」と、スカートの中に手を入れられた。

そしたらソフトな触り方に感じてしまい、クリを攻められ指だけでイカされました。


「結構感じやすいんだね!」と今度は指が入り、二本指で中を撫でられると「真理子さんイケるよ」と、少し激しく掻出すようにされたら凄い気持ち良くなり、頭が真っ白になると何かが吹き出ました。


「凄い出たよ!」と、浩二君は笑いながら言うし「まだ足りない?」とさらに一回。


気持ち良くて虚ろになると、脚を開かせて、いつの間にかズボンを脱いでて侵入された。

「ちょっと!」と止めようとしたら、
「真理子さんだけずるいよ」とグイグイ腰を動かして来て・・・。


新しい快感を知ったからか、感度が高くて気持ち良くなりました。


「凄い気持ちいいよ」と汗ばんだ身体をぶつけて来て、「真理子さん!」と少し荒げた声を上げると、中でドクドク流れて来ました。


その時に初めてセックスで私もイッテしまいました。