0458
私は、ある男性の奴隷です。


この前の夜は、公園に連れられていきました。

ご主人様は、全裸になるように私に命令なさりました。

その公園はカップルが多い公園で、夜だというのにたくさん人がいる公園なんです。

私は恥ずかしかったのですが、ご主人様の命令には逆らえません。


私は一枚、一枚、服を脱いでいきました。


胸の鼓動が大きくて張り裂けそうでした。

下着を脱ぐときは、体が震えました。

私は思わず手で顔を覆うと、そのままベンチに座り、ご主人様とセックスをしました。

ご主人様は服を着ているけど、私は全裸です。

痴漢の視線が私の体に突き刺さります。


セックスでご主人様が満足なされたあとは、私は首輪をつけられました。

そして首輪に縄をつけられ、公園のお散歩です。

ご主人様は立って歩きますが、私は犬のように歩かなければなりません。

やがて茂みの中に入ると、覗きの方たちが近づいてきました。

私はそこで手と足を縛られそうになりました。

こんなところで手と足を縛られたら、何が起きるか私にもわかります。


しかし、私はご主人様の奴隷なのです。

反抗する権利など持っていないのです。


私は縛られ、さらに猿轡までさせられてしまいました。


去っていくご主人様。


不安が覆う私の心。


そして、おそるおそる近づいてくる覗きの方たち。


覗きの方たちは、私の身体をさわりはじめました。

しかし、私には抵抗できないのです。

いくら胸を弄られても、あそこをさわられてもされるがままです。

きっとご主人様は、どこかで私の様子を見ていらっしゃるはずです。


こんな時に、恥ずかしい姿を晒すわけにはいかない。


そう思っているのに、私の身体は濡れてきてしまったのです。


覗きの方たちは、きっと彼女もいないのでしょう。

そして、こんなところに覗きに来ているくらいですから、きっと溜まりに、溜まっているに違いありません。

やがて覗きの方の一人が我慢できず、私の中にいきなり突っ込みました。

ゆっくり入れるようなのではありません。

よっぽど飢えていたのかもしれません。

もしかしたら、彼女などできた事もない童貞かもしれません。

そして、そんな男に感じてしまう私がいるのです。


別の覗きの方がズボンを脱ぐと、私の前にペニスを出して、私の猿轡をほどきました。


きっと、舐めるように要求しているに違いありません。

ですが、私は、それだけはどうしても嫌だったのです。

それは、私はまだ誰のものも舐めていないのです。

ご主人様のなら、もちろん舐められますが、今までご主人様にそのような命令された事がなかったのです。


しかし、覗きの方は、私の顔にペニスを押しつけるようにしてきました。


これがご主人様が望んでいた事なのでしょうか。

そのために、私にご奉仕させなかったのでしょうか。

そう思うと、私は口を開けて、覗きの方のものを口に含んでいました。


お口でするのは初体験でしたが、アダルトビデオなどで方法は知っていました。

私のような拙い口でいかせられるか心配でしたが、やがて覗きの方は、うめいて私の口の中に射精しました。

私は生臭い臭いにむせ、思わず吐き出そうとしましたが、覗きの方はペニスを入れたままでした。

私に飲めという事のようです。

私は、喜んでそれを飲み込みました。


わたしはこうして、10人以上の覗きの方に入れられ、お口で奉仕しました。


このような事をしている私ですが、辛い事はありません。

ご主人様が私を見て喜んでくれるのが、私の最大の喜びなのですから。