0525
中3の夏、家を一部改装(今で言うリフォーム)することになって、母と弟と一緒に夏休みの殆どを田舎で過ごした事があった。


当時母の実家の周りは田んぼと山以外何もない田舎で、もちろんネットもなければ携帯電話・携帯ゲームもなかったので、受験勉強や自然探検したりして暇潰しをするしかなかった。


はじめは弟と周囲を探検したりしてたが、小学校低学年の弟はどんどん友達を作っていったので、すぐに自分が一人で暇を持て余すようになった。

母はそんな自分に気を使ってくれたのか、母の実家の隣の娘(高校3年)の真実さんが勉強を見に来てくれるようになった。

真実さんは声が小さくて内気な感じの人で、お互い気恥ずかしくて最初は会話もほとんどなかった。

だけど、僕が気恥ずかしくなったのは、真実さんの胸とお尻がやたら大きくて、目のやりどころに困っていたからでもあった。

ややぽっちゃりではあったけれど、特に胸の突き出し方は尋常じゃなく、歩くだけで上下に弾んでいたほどで、手元にエロ本もない生活をしていた思春期真っ盛りの自分には目の毒すぎた。

それでも少しでも長くその身体を見ていたくて、自分から隣の家を訪ねて毎日勉強しに行くような感じになってしまった。

周りから見れば変だったかもしれないが、その時の自分は毎日少しずつ真実さんと話が出来るようになったり、身体の線が出る服や胸の開いたTシャツ姿の真実さんを目に焼き付けてオナニーすることに夢中になってしまっていた。

真実さんの家が、昼間は真実さん以外の人が出かけて二人きりになれるというのも自分には大きなポイントだった。


夜の真実さんは風呂上がりには薄いブラに寝間着の裾の長いTシャツだけの姿になり、胸のほぼ生に近い形や揺れ方が見れたり、なんとも言えないイイ匂いがしたりするので、母が怒って呼びに来るまで一緒にいることもあった。

毎日一緒にいて、周りの大人に「頼もしいボディガードだね」などとからかわれていたので、下心なんかも見透かされていたんだろうし、真実さんも身体を凝視されてることくらい気づいていただろうけど、ずっと優しく接してくれていた。


ある日、弟に遊びに誘われ、さすがに毎日毎日真実さんを訪ねるのも悪いと思った自分は付いて行くことにした。

そこで思った以上に大人数の地元の子供達に混ざって遊ぶことになり、知ってる子もいない自分は浮いてしまって隅で弟の様子を見ているだけになってしまった。

しばらくすると、同じ歳くらいの数人が通りがかって近寄ってきた。


「どこからきた?」「引っ越してきたのか?」など質問され、彼らがヤンキーぽいのもあってビビリながら答えていると、なぜか気に入られてしまってリーダー格のマサの家に引っ張り込まれた。

そこで酒やタバコを勧められ、自分が断ると爆笑が起こる・・・というパターンで散々からかわれ、日が沈みきった頃にようやく帰ることが出来た。


それで外に遊びに行くのは懲りてしまい、また真実さんを訪ねる日々を送り、8月も半分を過ぎたころ、真実さんと一緒にバスで買い物に行くことになった。

勝手にデート気分になって買い物した帰り、途中でマサが一人でバスに乗ってきた。

バスが空いていたのもあってマサも近くに座り、話し掛けてきた。


デート気分を台無しにされただけでなく、話はすぐに真実さんの身体をネタにしたことになり・・・。


「一度でいいからやらせてくれよ」「乳だけでも吸わせてくれよ」「お前らできてるんだろ、俺も混ぜろ」などと大声で楽しそうに言うマサに、僕も真実さんも恥ずかしくて何も言えなくなってしまった。


バスを降りてもマサは付いて来て、真実さんに的を絞って色々と下ネタを言ったり誘いをかけていた。

マサは見た目こそ怖かったが、話を聞いているとただの人懐っこいお調子者という感じで、エロネタを振られて困る真実さんの様子を見ていつの間にか自分もこっそり一緒に楽しんでしまっていた。


マサは家の前まで付いて来たが「いつの間にかこんなとこまで来ちまった」と笑いながらあっさり帰ってくれたので、それまでエロトークと歩いて揺れる真実さんのおっぱいで興奮していた自分もすぐに母の実家に帰った。


興奮したまま戻って、いつも以上に興奮したオナニーで2回ほど抜くと、時計を見ていつもよりかなり早い時間に真実さんと別れてしまったことに気づいた。

わからない問題があるから教えてくれと行けば教えてもらえるだろうし、寝間着の上からのおっぱいを正面から見て、帰ってからもう一度オナニーするというアイデアが浮かんで、教科書とノートと鉛筆を片手にダッシュで隣に向かった。


いつものように勝手に隣の家の戸を開けると、奥から男の声が聞こえた気がした。


靴は真実さんのしか無いので、家族が帰ったりお客さんが来ている様子はない。

ずっと一緒にいて真実さんに男友達や彼氏がいる様子もなかったので僕は何だろうと思い、様子を見ようと気配を消しながら家に上がった。

脱衣所のほうから物音がしたので、わざと遠回りで近づいてフスマ越しに覗いてみた。


すると、全裸の真実さんに全裸のマサがのしかかって激しく動いていた。


まっ白くて丸みのある真実さんの裸の上に、細くて黒くて筋肉で引き締まったマサの裸ががっちりくっついていて、真実さんのおっぱいは少し横に広がったまん丸のまま“たぷんたぷん”と揺れまくっていた。


僕は状況を理解するより、真実さんのすごく薄い色の乳輪や意外と大きくてぴんと立っている乳首、濃い陰毛の中に赤っぽい裂け目があってマサの黒いチンポが入っている様子などを凝視するだけだった。

マサは真実さんの口に当てていた手を外して、両手でおっぱいをめちゃめちゃに潰すように揉みだすと、腰だけをゆっくり動かしだした。

真実さんは腕で顔を隠してしまって表情はわからないが、だんだん息が荒くなっていくのがこっちにも聞こえてきて、いつの間にか僕は服の上からシコっていた。

そのうちマサが真実さんを抱きしめて無理矢理キスをして、そのまま腰を激しく動かすと“ぐちゅぐちゅ”と音がして、ビクビクと射精したような動きの後も、じっと真実さんを抱きしめていた。

僕はその場から動けず、興奮だか恐怖だかわからないけど心臓が口から飛び出るくらいドキドキしていた。


マサがまた動き出したので、さっきよりも見え難いけど自分も見つかり難いと思う角度から見ると、マサが真実さんのあそこからチンポをゆっくり抜くのが見えた。

柔らかくなっているのに、自分の勃起したモノより長く太く見えて、何だか怖くなった。

マサが真実さんに何か話しかけだしたので、自分はそろそろ逃げないとまずいと思ったけど、マサも今から帰ろうとしているなら外で見つかってしまうかもしれなくて一歩も動けなかった。

真実さんの声が薄っすら聞こえたのでそっと見ると、マサのチンポはまた大きくなっていて、その先の部分を真実さんが咥え込まされて声にならない声をあげているのだった。

でもすぐにマサは真実さんを立ち上がらせ、おっぱいに吸い付いた。


谷間に顔が埋まるほどのおっぱいをマサは揉みながら、乳首を音を立ててすったり噛んだりしているようで、真実さんはその度にびくっと身体を震わせている。

おっぱいを攻めながらマサが真実さんのあそこにも指を擦ったり射し込んだりすると、真実さんは泣いているような声を出しながらしゃがみ込んでしまい、急にだっと駆けだしてこちらに向かってきた。

僕は心臓が爆発したような気がするほど驚いて、後ろに下がりながら腰が抜けたように座り込んだ。

一瞬気絶したような感じになって意識がはっきりすると、さっき聞こえたセックスの音がすぐ近くで聞こえてきた。


真実さんはここまで走ってくる前に捕まってしまい、また挿入されているらしく、生々しい二人の息遣いと“ばっちんばっちんぐちゃぐちゃ”という音が襖一枚隔てたところから聞こえてくる。


やめればいいのについ覗いてしまうと、マサの背中とその向こうに正常位でおっぱいを揺らされている真実さんの上半身があった。

AVで見るのと同じくらいの大きさのおっぱいは水が入っているような揺れ方だったけど、真実さんのは丸みのあるおっぱいの形のままで“ぶるんぶるん”と大きく揺れていて、乳首がそのたびに規則的な線を描いているのがなんだか現実離れしたもののように見えた。

真実さんは目を瞑っていたけど、もし開いたら見つかってしまうのではないかと気づいて、僕は音を立てないように見つからないよう祈りながら逃げ出した。


その日の夜は眠れなくて、さんざん抜いた後で真実さんはどんな気持ちだろうかと心配したり、真実さんの親にばれたりしてないだろうかと窓から隣の様子を窺ったりした。


次の日、急に会いに行かなくなるのも不自然だと思って真実さんの部屋を訪ねると、昼前なのに寝間着のままで、昨日の外出で疲れたみたいだと笑った。

僕はなるべく昨日のことを意識しないよう我慢してたけど、やっぱり真実さんの身体に目がいってしまう。


昨日この身体とマサはセックスしたんだと思うと、僕もせめて触りたいなどと思ってしまい、その日はいつもより上手く話も出来なかった。