0391
俺は生まれてから一度も親に笑顔を向けられたことがなかった。

というより、邪魔者扱いされていた。

なんでかはわからない・・・。

顔だって悪くないし、道を外したこともしてない。

どんなに考えても理解できなくて、毎日1人で飯を食べていた。

そんなある日だった。

俺は授業参観に親が来なかったのをクラスメイトにバカにされて、カッとなって殴ってしまい、親が呼び出された。


その日の夜、俺は何も食べ物を与えられず、空腹で我慢が出来なくなり、こっそり食べ物を探すことにした。

すると台所から両親の話し声が聞こえた。

最初はマズイ!と思ったけど、話を聞いてみると俺の話だった。


短くまとめると、俺は昔母親がレイプされた時に出来た子供で、堕ろすと二度と子供の出来ない体になるから仕方なく産んだらしい。


俺は最初、死のうかと思った。

そして、我慢出来ないほどの怒りを覚えた。

俺は悪くないのに・・・。

何で俺が・・・。


・・・ぐちゃぐちゃにしてやる・・・。


母さんも、父さんも、妹も全部、お前らの絆をぶち壊してやる。

こうして、俺の復讐劇が始まった。


最初は妹からだ。


妹は俺を嫌っていた。

おそらく、事情を知っているのだろう。

学校で会っても無視するし、声を掛けても睨んでくる。

そんな奴に情けをかけるわけがない。


俺は考えつくありとあらゆる非道なことを実行した。


まずは、妹の下着を同学年の男子に売りさばいた。

妹は可愛かったからかなり売れた。


そして、プールのある日に妹の水着の乳首とマンコの場所に切り込みを入れた。

面白いほど上手く進んで、妹はクラスの男子に乳首を見られて泣きながら更衣室に戻った。

そして、風呂から上がって部屋に戻るとパンツ一丁になる癖があるので、それを盗撮してまた売った。

その中の何人かを使って、妹を脅してレイプさせることにした。

まずは俺が処女をいただいたけどな(笑)

それからは、妹とのセックス一回一万で稼いだ。

集まったのは気持ち悪いオタクばかりで、妹は泣き崩れた。


俺は構わず、「中出しは二倍払えばさせてやるぞ」と言ったが、みんな子供ができるのが怖くてしなかった。


こうして妹は俺に従順になり、毎日性欲処理させている。

クラスの奴がやってるサイトに貼られて学校中の人間が妹の裸を見てることにより、妹は不登校になった。

俺は構わず妹のクラスメイトを家に呼んでヤらせた。


次は両親の番だな。