0138
同棲中の彼氏がいたのですが、浮気をしてHをしてしまいました。


相手は某ドラックストアの社員の宮田さんです。

彼氏と大ゲンカした私は「相談したい」と一緒に飲みに行き、たくさん飲まされて、勢いで酔っ払い彼の部屋で介抱されることに・・・。

宮田さんは水を持ってくる、と水をくれてから急にディープキスしてきました。


間接照明だけの薄暗い部屋のベッドに押し倒されて、

「だめ・・・ちょっ、・・ちょっと待ってください・・・わたしそんなつもりで部屋に来たんじゃ・・だ・・だめですよ・・・わたし同棲してる彼氏がいるんですから・・いやっ・・ホント・・だめ・・・ん・・・あ・・ん・・」

服の上から乳首を触られて、ブラをずらしてピンと立った乳首を舐められるとお腹がビクッビクッとなるくらい感じてしまいました・・・。

彼氏以外には見せちゃいけないのに・・・。


宮田さんは舌をかたくして、間隔をあけてベロッベロッと舐めたり、大きな舌で私の乳首を包み込むと温かさが伝わってきてすごく感じてしまいました・・・。


「あっ・・・だめですよ・・・わたし乳首・・・固くなっちゃってる・・・」

上を十分攻められてからジーパンのホックを外し、手を入れてきて・・・パンティの中にも侵入・・・。


「あっ下はいや・・だめですよ・・・シャワー浴びてないし臭いですよ・・・だめ・・はずかしい・・・いやっ・・・」

指で愛撫されてグチョグチョに・・・。


「(同棲している)今の彼氏ともこういうことしてるんだろ・・・?彼氏がいるのに俺とこんなことして・・・俺には見せちゃいけないんだろ・・・吉田はHだなあ・・・風呂に入ってないから、すごく女の匂いがするよ・・・吉田の愛液の匂いだ・・・こんな簡単に同棲してる彼氏以外の男に股開いちゃってスケベだな・・・ビロビロが大きくて左向いてるんだな・・・興奮するよ・・・」

気づいたらパンティを脱がされ、宮田さんはわたしのアソコに口をつけて、激しく舐め回されました・・・。

そして口にくわえるように音をたててむしゃぶりつきました。


わたし、見せちゃいけない相手に女の一番大事なところ見せちゃってる・・・。

彼氏以外の男性に・・・色、大きさ、厚さ・・・開き具合・・・濡れ方・・・味・・におい・・・知られちゃった・・・。

好きでもない先輩にカラダを許しちゃうなんて・・・。

ごめんなさい・・・。

ここまできたらもう、どうでもいいや・・・。

酔ってるから感じやすくなっててすごく気持ちいいし・・・。


宮田さんにクリを集中して舐められ、クリ吸いでイキました。


「宮田さん、彼氏より上手っ、ああっっイッちゃううっ!!・・・もう少しでイクのっ!吸って、クリ・・もっと吸って!!いいっ!!ああっ・・・!!!」

宮田さんが「ジュルルル~」と吸った瞬間、クリがスーッとしてカラダが小刻みに痙攣してわたしはイッしまいました・・・。

仕事で社員とバイトの関係で、普段一緒に仕事しているだけの宮田さんのモノをまさかナマで受け入れるなんて・・・。

宮田さんのモノなんて想像したこともなかった・・・。

彼氏よりもカタチがくっきりと横幅があってフェラすると先端から汁が出てきていました。

糸を引く精液を私は吸って飲み込みました・・・。

私の唾液と宮田さんの精子につつまれた状態のモノを受け入れる時はスルッと入り、愛液があふれてきてお尻の穴の方まで垂れるほどでした。


同棲中の彼氏に悪いと思えば思うほど興奮して、首を振りながら騎乗位で自ら腰を激しく振りまくりました。


「騎乗位ぃ・・・苦手なの・・・」
「でも腰動いてんじゃん」
「き、気持ちいいから自然と動いちゃうけど・・・」

自分で乳首を刺激しながら・・・乳首を刺激するとイキやすくなるんです・・・。

バックでも動物のように激しく5分間くらいガンガン突かれました。

お尻の穴に指を入れられながらバックで犯されて「あっあんっあんっああん!!」とあえぎ声を激しく出してしまいました。


正常位の体勢になり、宮田さんは全体重をわたしにかけて抱きしめてきました。

「吉田のなか、あったかくて気持ちいいよ・・・このまま出すよ・・・俺、おまえのこと大事にするからさっ・・・吉田の中に出したいんだ・・」
「いやっ・・・彼氏に悪いもん・・・だめっ・・中なんてダメ・・・だ、出しちゃだめっ・・・」
アルコールがまた回ってきて、あたまが熱くなってきました。

宮田さんの腰使いに感じて、だんだんハイな気持ちになり、もうどうでも良くなってきました。


「いいよ・・・このまま・・・出して・・・今日だけ・・・1回だけ・・・彼よりもいっぱい・・・いっぱい出して・・・あ・あんっ・・・宮田さんの中に受け入れてみたいの・・・いっぱい出してほしいのっ・・・」

そのまま正常位で中出しされました。

膣壁に彼の熱い精子がピュッピュッと当たって幸せを感じました。

宮田さんは一滴残らず搾り出すように「赤ちゃんのモト」を私の膣の奥で大量に中出ししました。


同棲中の彼より大きな宮田さんの立派なモノの激しい動きに感じて私もイッてしまいました。


「ああ・・同棲している彼氏がいるのに会社の先輩と寝ちゃった・・・彼氏以外の人に中出しを許しちゃった・・・今の彼とのHはモノ足りなくて一回もイッたことなかったのに(イッたフリばかりしてた)・・こんなに何回も気持ちよくイッちゃうなんて・・」と興奮しました。


結局結婚しちゃったんですけどね・・・。