004_20140311161644651
友人のKは、体格がよくガッチリとしたスポーツマンだ。


180センチの背丈でなかなかイケメンで女にもモテる。

まだ高2なのに、かなり年上の熟女と結構遊んでるみたいだ。

デカチンで有名で、前に部活の合宿では一緒に風呂に入ったときに見たイチモツは凄かった。

ヘアスプレーの缶ぐらいかなぁ。

噂では、36歳の英語の人妻教師を孕ませたとか・・・恐ろしいやつだ。

ある日、うちに泊まりに来て俺と友人と母親と晩飯を食べている時のこと。


「K君はモテるんでしょ。

うちの子は全然なんだけどね、ほんと格好いいよね」と、うちの母。

「いえいえ、そんな」

(余計な御世話だ。


ビールの入った母は、なんかKと話が盛り上がってきて話が弾んでいた。

父親は単身赴任が長いのでいつも母子家庭みたいな感じだ。

Kと母の話が終わらないので先に食事を終えて風呂に入ることにした。


風呂から出てきても話が続いているので、さすがにつまらなくなって「先に寝る」と言ってベッドに入った。

それでも自分の寝室とリビングは近くて話声が聞こえる。


Kが母を見る目はいやらしかったので心配だ。


母の格好は、ぴったりとフィットしたローライズジーンズと袖のないTシャツだった。

身長も165センチくらいあってスタイルもいい。

41歳とは思えない若々しさだからか、Kがじろじろ見ているのが分かる。


「K君はもう大人なんだってね、何人も彼女いるのぉ?」

ちょっとエッチな会話になってきた。


「いないよ」
「へぇ~そうなんだ。

でももうとっくに初体験は済ませてるんでしょ。

うふふ、T(俺)に聞いたんだけどね」


「えぇ~、そんなぁ。

なにそれ~嘘ぉ、あいつ・・そんなことまで言ったのー」

「あはは、引っかかったわぁ~、嘘よ」

母は笑って言った。


「もう~恥ずかしいなぁ・・あはは」

Kも楽しそうだ。


「どんな女の子が好みなの?」
「えぇ・・う~ん、おばさんみたいな人」

「嘘~?」
「嘘じゃないよ、おばさん若々しいし、綺麗でスタイルもいいし、好みなんですよ。

初めて会った時、あいつのお姉さんかと思ったよ」


「うふふ、お世辞いっても何も出ないわよ~。

あらら、どこを見てんだかぁ」


なんかあやしい雰囲気に。


「あはは、ボインですねぇ。

どのくらいなんですかバストは」

「ひ・み・つ」

「いいじゃないですか~おしえてくれないの?ぼくの秘密は知ってるのに~」
「だめだめ、教えないわよ」

「不公平だなぁ・・」
「もう~じゃぁね、K君はほかにはどんな秘密があるの?」

「言ったらバスト教えてくれる?」
「いいわよ」

「うーん、恥ずかしいけど・・アレがでかいかも。

同級生とかじゃ痛くて入らないって」

「えぇ~~ほんとぉ。

あはは、笑っちゃ悪いけど・・・」


「うん」
「でも、すごいわね。

体格いいもんね。

でも、恥ずかしくないわよ。

おばさん見てみたいかも。

うふふ」


「おばさんの胸は、86のDカップだよ」
「大きいね~~触りたいな」

「K君の触らせてくれたらいいわよ」

その後、くぐもった音が聞こえてきて「すごいわ。

こんなの初めてだわ」と、ぴちゃぴちゃと舐めるような音が聞こえてきた。


しばらく喘ぎ声が聞こえてきて・・・。


「今日は危険日だから中に出さないでね」
「うん」

エロい喘ぎ声と、ピチャピチャ水が跳ねるような音が聞こえてきた。

そしてバックをしているのか、パンパンとお尻がぶつかるような音が・・・。


「あぁ~~、だめだめ!すごく深いわぁ。

いっちゃう、いっちゃうわぁ」

「おばさん・・出ちゃう・・」

「だめよ、だめだめ~」

二人の喘ぎ声はずっと続いていた。

1時間近く交わっているようだ。


しばらくして・・・

「やばいよ。

いっぱい出てる」


「どうしよう」と焦る二人。


慌てて風呂に入ったようだが。


それから十数日後、妊娠検査薬の箱がゴミ箱の中に捨てられてあるのを見つけた。

色が変っていた。


これからどうするのだろう・・・。