29b5c585-s
“転勤”突然の事でした。


教職に就いて6年を迎えようとしている30歳の女性です。


街場の学校を2校経て、今回が3校目でした。

しかも、今住んでいる所から随分離れた田舎の中学校。

通うには遠すぎました。

去年の春、結婚したばかりの新婚夫婦に突然の別居生活。


(教師を辞めるべきか?)


悩みましたが、新居を購入した事もあり、泣く泣く行く事を決意しました。


全校生徒40人程の小さな中学校。

辺りは山と川に囲まれ、小さな集落が幾つかある田舎でした。

私は、学校近くの古びた長屋を安く借り、そこで住む事に。

その当時、「田舎の学校だから、生徒もみんな素直で大人しい」と思い込んでいたんです。


初出勤の日、歩いて学校に向かうと中学生らしい生徒と会い「おはよう」と声を掛けました。

頬を赤らめた男子生徒が「あ、お・・おはようございます」と頭を下げ走って行きました。


(シャイな子供だなぁ・・・)なんて思いながら校長室へ行ったんです。


「酒井先生ですよね!校長の佐々木です」
「今日からよろしくお願いします」


「早速だが、酒井先生には3年生を教えて貰います」
「3年ですか?」


「まぁ、小さな学校だからそんなに緊張しなくても大丈夫ですよ」
「え、えぇ」


「それと、数学と科学もお願いしますね」
「え、2教科ですか?」


「人が少ないからね・・・頼みますね」


そんな事で、3年生を教える事になり、クラスに向かったんです。


生徒13人(男:7、女:6)田舎と言っても生徒の体格は大きく、男の子は皆私より大きかった。

頬は赤らめ、何だか“ホッ”とする。

自己紹介をし、みんなの名前を必死に覚えた。

生徒も皆、親しく話し掛けて来て、直ぐに打ち解けられた。


3ヶ月も過ぎた頃でしょうか?
生徒と先生の関係も友達の様になり、先生達の中でも一番若い私は生徒の注目の的になっていました。


自分で言うのも何ですが、学生時代から結構モテていましたし、先生になってからも数人の男性から告白された事があるんです。

胸が大きい(Eカップ)ことや、ムッチリ体系が男受けするんでしょうか?
そんな事もあり、男子生徒には特に人気があった様です。


学校も終わり、自宅に帰ろうといつもの山道を歩いていると、近くの神社に人の気配を感じたんです。

なんだかその時は気になり、立ち寄ってみる事にしました。


ひっそりと静まり返った境内には人気も無く、気のせいだと思っていましたが、裏手の方で声が・・・。

恐る恐る近よると、女性の喘ぎ声でした。


「あ~気持ちいよ・・・」
「おらも良い気持ちだ・・・」


「中に出すぞ」


境内の裏手に敷かれたシートの上で、教え子がセックスをしていたんです。

驚きました。


思わず後ずさりした時“ガタガタッ”と音を立ててしまい、彼らに気づかれたんです。


「せ、先生!」
「あ、あなた達・・・」


「何だ!先生もエッチだな・・・覗きかよ」
「ち、違うわ!でもそんな事駄目でしょ」


「覗いておいて駄目は無いよ!!!先生だってヤッてるんでしょ・・・気持ちいいもんね」
「・・・・・・」


余りの衝撃に、その場を走って逃げてしまいました。


翌日、彼らは私に会っても普通に接して来たんです。

こっちがオドオドしてしまいました。


そして、その日の夕方も私は同じ時間に帰宅、何だか境内が気になり見に行くと誰も居ませんでした。

ホッと胸を撫で下ろすと・・・。


「やっぱり覗きに来たんだ!エッチだな」


ふと振り向くと男子生徒2人と女子生徒1人が立って私を見ていました。


「先生もヤリたいんじゃないの?」
「そ、そんな訳無いでしょ」


「嘘だ!」
「嘘じゃないわ」


「じゃ、証拠見せて」


オドオドしている私に彼らが襲いかかって来て、私はシートの上に転んでしまいました。

まだ中学生とは言っても、私より遥かに体格も良く、しかも3人!敵うわけがありません。

あっと言う間にスカートを捲られ、ストッキングとパンティを下ろされてしまいました。


「先生!濡れてますよ。

エッチな事考えていたんじゃないか」

「そんな事ヤメテ」


「気持ち良くなりましょうよ」


両手を後ろにされ、紐で縛られ、口にもガムテープを張られると、彼らは私に絡みついてきました。


「先生の胸デカいね!中学生とは違うよな!」
「ここも毛が濃くって、ビラビラが大きい!クンクン」
「良い匂いだ!中学生のオシッコ臭さとは違うな!」
「何!もう変なこと言わないで・・・私って言いたいの?」
「まぁまぁ怒るなって!先生をこれから俺達の奴隷にしてあげるから」


「ん~ん~ん~」声にならない。


彼らがズボンを下げると、大人と変わらない!いや・・大きいチンポが目の前に出された。

夫より大きいと思われる2つのチンポを私は代わる代わるマンコに挿入され、やがて逝ってしまう。


「何だ!先生逝っちゃったの?我慢してたんだ」
「エッチだな!もっともっとエッチなことしてあげる」


彼らはバックの中から、バイブやローターを取り出し、マンコに入れ、遊びだしたんです。

彼らの攻めは手慣れていて、強弱を交えて何度も絶頂を迎えさせられるんです。


逝きそうになると、動きを止め、逝かせてくれません!
気が変になる感じでした。


気づけば1時間も攻め続けられ、体中から汗と精液をヌルヌルと出し続けていました。

最後に一気に攻められ、激しく潮を噴き上げると彼らはその場から居なくなっていました。

ハァハァ息を荒げ、暫く動く事すら出来ないまま、なんとか家に帰りました。


“これは夢!”


必死に自分に言いかけ、風呂で体を洗い流しました。


翌日も、彼らは学校では普通に接して来るんです。

特に体を触る訳でもなく・・・異様でした。

彼らは成績も良く、学校活動も誰よりも率先して行う優等生!
誰に聞いても「いい子だよ」と言うのです。


でも、私には見えました。

彼らはこのクラス・・いいえ、学校全体を牛耳っていることを・・・。


その日の夕方、私は神社には立ち寄らず、家に速攻向かいました。

家の鍵を開け中に入ろうとした時でした。


ドアが閉まりません。


よく見ると手がかかり、押えられていました。

ドアは開き、そこに彼らが立っていました。


「先生!今日は覗いて行かないんですね!待っていたのに・・・」


そこには昨日の男子生徒2人と、更に2人の生徒が居たんです。

押し込まれる様に部屋に入り込んで来て、私は畳の部屋に押し倒されました。


「声出すわよ!いいの・・・帰って」


「先生、ここからご近所までどれだけあると思っているの?」
「1km位あるよ。

しかも山中のこの場所じゃ誰も気づかないって」


私は抵抗虚しく全裸にされ、手を後ろに縛られると彼らに弄ばれたんです。


彼らのSEXはジワジワと責めて、嫌でも濡れてしまうくらい上手く、数分で彼らの言いなりになってしまうんです。

もともと私はMっ気がある様で、彼らの言葉責めも感じる要因だったと思います。

犬の様に四つん這いで歩かされ、彼らの精液をマンコに受け入れるしかありません。

一度で満足する彼らでは無く、少しずつ何度も私を逝かせるんです。


その日は、巨大な注射器も用意され、お尻の穴に入れらました。


激しい腹痛!
彼らに連れられ私は何と!小高い庭先から道路に向かって激しくウンチを放出させられ、また、浣腸を入れると出すを繰り返され、最後はお尻の穴をゆっくり押し広げられると、彼らの中で一番小さめのチンチンから受け入れたんです。


何故でしょう!
嫌だった筈なのに、お尻の穴も気持ち良くなってきて、お尻でも逝く様になりました。


その日から、毎日の様に彼らは家にやって来て、私の身体で欲求を満たしていく様になりました。

彼らの親御さんからは「いつも学校終わってからも勉強見て貰って・・・すいませんね。

先生」と言われ、本当の事が言えず、ただ笑顔で「いいんです」と言うだけでした。


彼らに犯され始めて、もう2週間が過ぎた頃です。

週末、夫が来る事になっていました。

その事を知った男の子達は、「先生を抱かせたくない」と言い始め、私を押さえつけると、アソコの毛を剃ったんです。


「これで、先生!旦那さんと出来ないね」
「そ、そんな・・」


思わず泣いてしましました。


「大丈夫!俺達が何とかするから・・・」


そう言って、私にキスをすると帰って行きました。

週末、夫がやって来ました。

もう3週間ぶりの再会です。

嬉しかったんですが、凄く不安もありました。


夫が来て間もなく、彼らが訪れたんです。

「こんにちは・・・」
「貴方達・・どうして」


「お、お前の教え子か?」
「え、えぇ~」


「上がって・・・」
「お邪魔します」


彼らは終始私の事を褒め称え、いい先生をアピールしていました。


そして、この辺案内すると言い出し、夫も喜んで付いて行きました。


「あっ、この辺気を付けてください・・・うんこあるんで」


私の物です・・・。

恥ずかしくて火が出そうでした。


「ここ神社!奥に行きます」
「何だ!このシート・・・ロープまで」
「ここで誰かエッチな事しているらしいんです」


私が彼らにされている所です。

夫の目を見れません。


その後も、彼らは私を犯している所に連れて行き、次々と説明し、夫も頷いて聞いていました。


夕方、彼らが帰宅して夕食を食べ終える頃!


「こんばんは!」彼らの声。


「何!どうしたの?」
「先生教えて欲しい所あって」


「え、今から!?」
「何だ?生徒か?上がって貰え」


彼らは勉強と言いながら、結局泊まる事になったんです。

もちろん夫は、賛成で夫に抱かれる事はありませんでした。


その夜、夫に散々酒を振舞い、夫は案の定ダウン!
布団に寝せると、彼らは夫の前で私を弄り始めたんです。


夫の目の前で何度も絶頂を迎え、潮を噴き上げてしまいました。

その一部は夫の顔に付いています。


翌日は、凄く快晴!
子供達が朝食を食べながら夫に、「川に行きませんか?」と誘う。

夫もすっかり子供達を気に入って“OK”濡れても良い様に、夫も短パン姿。

子供達は水着に着替え集合していた。


歩いて20分の所に、小さな滝がある場所に着き、辺りには人気など無い静まり返った所だった。

プール並みに広い川の源流、夫は感動していた。


「凄い綺麗な所だね。

街の川からは想像もつかないよ」

「そうね!私も初めて来たわ」
「ここ底も深くなっていて泳げるんだ」


7月中旬、今年は暑くなるのが早く、もう泳げる水温だった。


「気持ちいい!最高!」


夫は既に水の中。


「先生も泳ごうよ」
「え、先生はいいわ」


(スカートで泳いだら・・・。


「良いじゃないか!そのままでも、気持ちいいぞ」


夫に引かれる様に水の中に入った。


「うわっ、冷たい!」


子供達が近寄って来る。


「先生、こっちこっち」
「ちょ、ちょっと・・」


手を引かれる様に、深い所へ連れて行かれる。


夫も興味津々で、年甲斐も無く泳ぎに夢中になっていた。


(・・・ん、何か当たる?)


お尻の辺りに触れる手・・・。

子供達は私の股間を弄る。

スカートはクラゲの様にフワフワと靡いてパンティが丸見えだった。

夫は、全く気にする様子も無く、子供と一緒にはしゃいでいた。


触る手はだんだんパンティの中に入り込み、一気に下げ降ろされ、剥ぎ取られた。


「え、駄目よ。

ちょっと・・」

「先生、旦那さんに気づかれるよ!黙っていた方が良いんじゃない?」


「そんな!」


マンコに指を入れられ、もう既にヌルヌルになっている。


「先生、相変わらずエッチだね!もう濡れてるよ」
「もっとエッチな姿になろうか?」


彼らは、私のシャツの前ボタンを外すとブラジャーも剥ぎ取り出した。


ブラジャを取り終えるとボタンを戻し、胸を揉み出す。


「これで先生は下着付けていないんだ・・・旦那の前で恥ずかしいね」
「ちょっと、マズイわ・・・返して」


「駄目だよ!もっと先生にはエッチになって貰うんだから」
「お願い!夫の前では許して、後で何でもするから・・・」


「先生何言ってるんだよ!旦那さんが近くにいるから興奮するんじゃないか!」
「それに、先生はもう、俺達の性奴隷なんだからね」


「・・・・・・」


もう、彼らに何を言っても聞き入れて貰えないと思った。


ただ、夫にバレない様に振舞うしかなかったんです。

彼らに散々弄られ捲り、何度も逝かされ、ふらつく体で水中に居るのが苦痛になっていました。


そんな私に気づいたリーダー格の男の子が私の肩を抱き、陸に連れて行ってくれました。

少しすると、夫も上がって来たんです。


「何だ!大丈夫・・・お前、ブラ付けていないのか?乳首透けてるぞ」
「えっ、急いでいたから付けないで来ちゃって・・・だから濡れるの嫌だったの」


「そうか!まぁ仕方ない・・・ちょっと子供達には刺激的だが」
「ん~、先帰ろうかな?調子も悪いし・・・」


「そうだな!先帰って休んだら・・・」
「じゃ、俺送って行きますよ」


後ろからリーダー格の男の子が言いだした。


「そうか!頼むよ」


彼は私の手を取ると、足早に来た道に向かったんです。

でも、夫が見えなくなると木陰に連れて行かれ、スカートを脱がされると、その場でマンコに入れられました。


先ほどまで、散々マンコを触られ、逝かされた私の身体は敏感になり、彼の挿入が待ち遠しくも思えました。

待ち望んだかのように、私は喘ぎ声を上げてしまい。

思わず手で口を押えています。


「先生、我慢出来なかったんでしょ・・・ねぇ、ねぇ」
「えぇそうよ!もう・・・我慢出来ない・・・」


「エッチだな!ここから旦那さん見えているのに・・・」
「夫の事は言わないで・・・」


彼の激しいピストン動作と、体中舐め回すような手の摩りに、私は何度も絶頂を迎え、ブルブルと震えが止まりません。

しかも、彼が満足すると他のメンバーと入れ替わり、私は4人の生徒に輪姦され続けました。

リーダーの彼が戻って来て、私は自宅に帰る事が出来ましたが、もうフラフラで倒れこむ様に畳の上に横になりました。


彼が夫を迎えに行くからと言い残し、部屋を出て行きました。

1時間程して、夫が戻って来ましたが、彼らの姿がありませんでした。

夫は私を見るなり驚いた表情です。


もちろんそうでしょう!
丈も短く、体に張り付いたラインに生地も薄く透けて見える位です。

彼の指示でした、逆らう事は出来ません。

しかも、下着は付けていないので、日が当たれば乳首もアソコの毛も(無いんですけど・・・)透ける位です。


「お前!何だその格好」
「えぇ、ちょっとエッチな感じもいいかな~って」


「こっちじゃ、そんなのが流行っているのか?」
「ん~貰った物で、捨てるの勿体ないから・・・着てみたの」


夫は余りの姿に驚きも示したが、満更でも無い様子でキスをして来たんです。

でも、それを読んでいたかのように彼らが現れ、夫は残念そうな表情を浮かべていました。


それから、2時間程して夫は帰る事に・・・。


「君達、ちゃんと勉強していい高校に行くんだぞ!」
「はい!先生の教え方いいから、成績上昇中ですよ。

大丈夫」


「そうか!妻の事も頼んだぞ!」
「えぇ、淋しい思いはさせませんから・・・心配しないで下さい」


「頼もしいね!じゃ、また来るよ」


夫は車に乗り込むと、帰って行った。


夫と会話している最中も、私は後ろからマンコを触られ、アナルに指を入れられていたんです。

夫との別れを惜しんでいる心境ではありません。

身も心も彼らのチンポを早く受け入れたいと待ち望んでいたんですから。


もう11月も末、私は毎日の様に彼らから性教育を受けています。

教えてくれる男の子も7人(クラスの男全員)に増えました。

彼らは不思議と学校では、私の身体に触れる事すらしません。


むしろ、勉強に集中してくれます。

だから成績はグングン上がり、クラス平均も全国平均より上です。

きっと、みんな上位高校に行けるでしょう!


私の奴隷契約も彼らの卒業と共に解約されるのでしょうか?
もう元の身体に戻る事は出来ないと思います。


そして契約延長を・・・。


また、暇を見て夏場の詳しい出来事を書きたいと思います。