0229
高校3年の頃の話。


俺と、彼女(ゆき)と、ゆきの友達(愛子)と、愛子の彼氏(知史)は、同じ学年では知らない奴がいないほど仲が良かった。

はじめはまず俺とゆきが一緒のクラスということもあってか、お互い仲良くなり自然と付き合う様になった。

愛子とは高校2年で同じクラスだったので仲は良く、ゆきの相談話とかエロ話で盛り上がっていた。

それから俺の友達の知史は俺と音楽、ファッションの趣味が合い、いつも一緒にいたので自然とゆきと愛子とも仲良くなった。

知史は俺とゆきに触発されたかはわからんが、愛子との仲が急に深まりだし、いつのまにか付き合っていた。

それからはWカップルで遊ぶのがすごく楽しくて、いつも4人でいた。

幸せな日々が続き、学生待望の夏休みになった。

がっ、俺たちには受験のせいでうざい夏だった。

俺とゆき、知史は受験モード全開に、愛子は専門学校狙いだったのでかなり余裕な夏休みを過ごしていた。

8月の頭くらいから、ゆきは夏期講習を詰め詰めに組んでおり、電話はほぼ毎日してたが、ほとんど会えない日が続いた。

俺は塾なんか行かずに自力で受かってやる!って、ナメた考えをして独学で勉強をしていた。

しかし、家にいても絶対勉強するわけがない。

朝からアニメの再放送見ていいとも見ての繰り返し。

そんないいともを見ていたある日の昼に、愛子から電話がかかってきた。


「カラオケ行かない?あっでも勉強の邪魔だったらいいよ!」

俺はこの遊びを最後に勉強しよう!と心の中で誓い、愛子とカラオケに2時間熱唱した。


愛子も熱唱したのか「お腹空いたね~◯◯の家で食べない?」と言ってきたので「おお、いいね!」とコンビニで飯を買い俺の部屋で食べ始めた。


俺と愛子は本当に仲が良く一時期付き合ってるとの噂が流れたくらいだった。

愛子は松島奈々子のギャル版みたいな感じで、けっこう可愛くて、人見知りなんか絶対しない子だったし、高校生の男と言えば下ネタ、愛子はどれだけひどい下ネタを言っても乗ってきてくれるので、他の男子からも人気があった。

でも俺はギャルは嫌いでなかったが良いイメージはなく、雑誌のCUTIEとかを読んでいる小さくてお洒落な子が好きだった。

ゆきが現にそうであった。

愛子も今でいうギャル男みたいなのが好きだったから、お互い恋愛感情も持たないで今回みたいに家に来て遊んだりしていた。

しかしついに友達の壁は崩れてしまった。

あれさえ見なければ・・・。


飯も食い終わり二人でまたべらべらと雑談をしていた。

ここで俺にある異変が起きた。

ご飯を食べた後って無性にヤリたくなりませんか?
俺はその症状に陥った。

ゆきに会ってなくて溜まっていた俺は頭の中に悪事がよぎった。


(愛子とヤリたい。


愛子はギャルのくせに肌の色もとびきり白く短いスカートから伸びるつるつるの太ももに俺は興奮した。

愛子は俺のそんな葛藤も知らず話はいつものお得意の下ネタへと続き、徐々に話題はAVになり、愛子はモザイクありのは見たことがあったみたいだが、裏ビデオはなかったみたいで「一度見たいな~」と言ったのを俺は聞き逃さなかった。

俺は女がAVを見たらヤリたくなるってのを聞いたことがあった。

そして運良く当時の俺は友達から長瀬愛の裏モノビデオを借りていた。

もうこの時点で愛子とヤル気満々だった。


机の奥からビデオを取り出し、再生ボタンを押した。

内容はまあ普通のAVと変わらないが、重要なのは裏ということだ。

俺はこれを借りた時から1週間は連続でオナニーをした。

俺はまだパソコンとかも使えなかったからかなりお世話になった。


愛子は「うわ~グロイ~丸見えじゃん!義範(俺)、これでオナニーしてんの?」と聞いてきたので、「もう毎日!」とかギャグを交わしていた。


しかし、長瀬愛がフェラをしだした頃からお互い無言になり始めた。


ちらっと愛子を横目で見た。

愛子はまじまじと長瀬愛のフェラを見ていた。

俺は下に目をやり愛子の太ももを見た瞬間、理性はなくなった。

葛藤なんかなかった。

そっと愛子の横に近づき、髪をなでた。


愛子は「やっ、なに~」と恥ずかしそうにしていたが、抵抗はまったくなかった。


徐々に顔が近づき、やがてキスを交わした。

ディープキスにすぐ変わりお互いの息が荒くなり始めた。

俺がベッドに行こうと言ってベッドに座って乳を揉みながら愛子の服を脱がした。

愛子の体は本当に透き通るくらい真っ白だった。

乳はCくらいかな、揉み始めるとぷにぷにって感じが気持ちよくて思いっきりむしゃぶりついた。

ゆきが貧乳だったから余計に・・・。


愛子のパンツを脱がそうとした時に俺は驚いた。

パンツの真ん中が既に暖かかったからだ。

ゆっくり脱がし、糸を引いた愛子のに指を入れるともう3本は入るんじゃないか?と思うほど濡れていた。


心の中で「何だよ、お前もヤリたかったんじゃん!」と思い、ぐちゅぐちゅと中をかき回した。


愛子は普段の元気な姿とは一転、色っぽく高い声で「あっあっあああき、きもちっいっいっ」と喘いだ。

もう30分くらい前から勃起しっぱなしの俺は早く舐めてほしく、「俺のも・・」と俺はパンツを脱ぎ、寝ながら構えた。

前に愛子はフェラには自信がある!と豪語しているのを思い出した。


さっそく愛子はちろちろと舌の先で亀頭を舐めだした。

そして亀頭の周りをぺろぺろと舐めまわして、ぱくっと全体を咥えた。

そこからゆっくりと上下に頭を動かし徐々にスピードを上げだした。

愛子のフェラは本当に気持ちよく、男のツボをわかってるみたいで、くちゅくちゅ音を立てながらしてくれた。

また愛子の口の中は本当に柔らかくて今すぐにでもイキそうだった。

もう我慢できなくて入れようと言い、愛子を仰向けにして足を開き入れようとした。


入れる寸前、知史の顔がよぎったが一瞬で消えた。

高校生の俺はゴムなんかつけたことがなくていつも生だった。

(今考えると恐ろしいが・・)

今回も当然生で挿入。

愛子のは俺のを暖かく、且つ、きゅっと包んだ。

もう猿のように腰を振った。

愛子は本当にエロかった。


「あ~!あっあん!あっっ!」と自分の乳を揉みながら喘いでいた。


俺はイキそうになったがまだまだ入れたかったので騎乗位へと移った。

上に乗る愛子は正に淫乱という言葉そのものだった。

本当に気持ちよく自分から動くし、腰をぐりぐり回し、前後にも激しく動いた。

正常位に戻し、再び突き始めた。

俺のモノで友達の彼女が喘ぎまくっている場面は更に俺のモノは更に硬直した。


「知史、スマン!愛子、気持ち良いな・・」と思いながら腰の動きを早めたら、愛子は「◯◯!!イッちゃう!イっちゃう!あ~!!」、俺もイキそうになり「愛子!!イク!」と、愛子の腹にどばっと大量に出した。


かなり濃くて大量だった。