5
今でもあの時のパフュームを嗅ぐと思い出す男がいる。

匂いの記憶はフラッシュバックみたいに鮮やか。


その頃、私は売り出し中のSM嬢だった。

ピンヒールにコルセット、特注品の鞭で武装してたっけ。

SMモノビデオの撮影で彼は来てた。

普段は絶対に起き出さないような時間に起きて、朝日が眩しかった。

「おはようございまーす」と、だらけた声で挨拶した私。

そして、彼は「化粧してきちゃったんだ?俺に仕事させてくれよ」と苦笑してた。

彼はヘアメイクさん。

メイクさんって大概は女性か、もしくはゲイが多かったりするんだけど、彼は違ってた。

大きな背中、長くて細い指、ラフな服装。

仄かに香るパフューム。


撮影は長時間に及んで、終了したのは深夜。


「ここ、タクシーつかまえづらいんだよ。

帰り、どうするの?」と聞く彼。

「明日の仕込みがあるから事務所に寄らなきゃだけど、それで良ければ送るよ?」と。


疲労してたし、根を詰めたプレイをすると、その後の“ひとりぼっち”な感じが私は大嫌いだった。

だって、女王は職業だもの。

マゾを虐め抜くのが本当は好きなわけじゃなかったんだろうな。

今ならそう思える。

でも、まだ小娘だった私は虚勢をはってた。

なめられたりなんて、死んでも嫌だった。

だけど、自分をすり減らすようなプレイの後、私は独りでありたくなかった。


他愛もない業界話をし、自宅近くまで送ってもらう。


「あ、ありがとうございました、お手数おかけして」
そういって、私は降りる。


「お疲れー」

私が車から降りたあと、彼が少し笑って、こう言った。


「あ、あのさ。

あんま無理しないほうがいいよ。


この時、私は思った・・・「あぁ、掴まった」って。


3日後、ふいに電話がかかってきた。


「佐伯ですけどー。

おつかれさまー。

今日、空いてる?」


彼からだった。


「デートに誘おうと思ってさ」

そう茶化して、彼は笑った。

デートだって。

今どきそんな言葉、中学生だって言わないよ?と、私も笑った。

2時間後、彼と待ち合わせ。

変態どもの相手とクラブでのワンナイトスタンドで毎日が流れてく私にとって、デートなんて久しぶり。

平日の昼間っから遊園地で遊ぶ、子供みたいな私達。


夕暮れを眺めながら、彼は言う。


「瑞樹女王様よりは、今の瑞樹ちゃんのがいい表情だよ」

彼はきっと見抜いてたんだろう。

必死で虚勢をはってた私に。

ちっぽけな私に。


その夜、私のマンションに彼を招いた。

あっさりと私の虚勢を見抜いた彼の事をもっと知りたかった。

長い長いキスと、愛撫。

この人の前だと、私・・・虚勢をはらなくていいんだ。

そう思った。

長い指でとろとろになるまでかき混ぜられ、喘ぐ声もキスで塞がれ、奥まで深く彼は入ってくる。

何度も、何度も。

そして、私の上で動く彼から滴る汗と、ただようパフュームのあの匂い。


女王だった私は、彼の前ではちっぽけなただの女になれた。


「楽にしてればいいんだよ、俺の前ではさ」

そう言いながら、何度も何度も私をいかせてくれた。

今まで知らなかった快感を教えてくれた。

彼の意のままになり、彼に従い、彼に奉仕し、彼に寄り添い、彼の手で蕩ける。


彼とは別れたけれど、小娘だった私を女に変えてくれたのは彼だった。

私も結婚し、彼にも子供が産まれたと人づてに聞いたけれど、彼の匂い、今でも忘れてない。


ぐだぐだになっちゃったけど(しかもエロくないし)、当時の思い出です。

今幸せにしてます、と彼には言いたいけど、それは無理な話なので。