0518
二年前の話ですが… 仕事の帰りに疲れて家に向かっていると「あのー」と声を掛けられ、ぼーっとしていたのでハッとして振り返ると少し年上くらいのちょっとギャル男風の男性がいました びっくりしてえっと言うと「今帰りですか?」と聞かれてまぁはいと答え、普通のナンパですよね。

軽く流して歩き始めてもなんとか言ってきて結構しつこかったんです。

*面倒くさかったのでちゃんと話して切ろうと思って、立ち止まり、疲れてるから早く帰りたいと伝えました。

それでも番号だけでも教えて欲しいと懇願されたので、昔の番号を教えてやろうと思いました。

「ここ道の真ん中だから危ないからこっち寄って」と。

確かに道の真ん中でした。

夜11時すぎの住宅街、人通りもなく静かでした。

ただのナンパだと思っていたので早く帰りたい一心で、脇に寄り相手の携帯に昔の番号を打ち込んでいました。


すると「お姉さん谷間がみえちゃってるよ」と言ってきました。

確かにVネックのもを着ていたので上から見ると見えてしまいます。

その瞬間相手を睨みつけ「気のせいだよ」と強く言いましたが「本当は誘ってるんじゃないの?」と返されました。

この時点で相手はわたしの真横に、道側に立っていたので道からは男だけしか見えなかったとおもいます。



「そんなわけないでしょ」と軽くあしらいながら携帯に打ち込んでいると、どうどうと胸を触ってきました。

「ちょっとやめてよ」「おーでかいじゃん」「まじやめて、声だすよ」というと、今までとは違う低い声で「声だすなよ」と言われ一瞬で怖さを感じました。

腕を掴まれさらに奥へとマンションとビルの隙間に連れて行かれました。

片手を動かないように掴まれ、片手で胸を揉んできました。


鞄を持っていた手で一生懸命相手の手を払いましたがうまくいかず「ほんとにやめて!いやだ」といってもやめてくれません。

相手はわたしの後ろにわまり、抱きしめるように片手でわたしの両腕を抑えつけました。

耳と首筋を舐められ、Vネックの口から手を入れてきてブラの隙間から乳首を摘まれました。


「いやだ…」と抵抗しますが「乳首たってるじゃん、感じてんだろ」と言われる始末。

今度は両手でわき腹から手を入れてきて、ブラをたくしあげられて胸をダイレクトに揉まれました。

「やだいや」と連呼しながら阻止しますがやめません。

揉んだり乳首をつまんだり、首筋を舐められ、うまく力が入らなくなっていました。


とうとう片方の手がスカートに伸びまくられ、パンツに届きました。

必死で足をギュッととじて、手でも抵抗しましたが、無理やりパンツの隙間から指をねじ込まれてしまいました。

「おいなんだよ濡れ濡れじゃんか」と笑われ、顔から火が吹き出しそうでした。

「もっと気持ちよくしてやるよ、素直に感じろよ」と言われました。



もう力は完全に入らなくなりました。

今度は前にまわり、キスされました。

「いやぁ…」と言いながらも舌を絡めていた自分には驚きました。

胸を舐めまわされ、揉まれ、パンツを下ろされクリを愛撫されました。

「いやぁ…もうやめて」「こんなにトロトロになっておいてやめていいのかよ」その瞬間指が入って来ました。


おもわず「あぁっ…」と声が出てしまい「もっと喘げよ」と指を出し入れしてきます。

こらえていても吐息が漏れてしまいます。

「あぁ…はぁぁ…んっっ」わざと音を立てるように手まんをして「やらしい音してるよ、ほんとはこーゆーの好きなんだろ」「いれてほしかったら舐めろ」と反り返った相手のモノをだされ、もう抵抗もなく舐めました。


「お前変態だな」そう言われても無言でなめ続けました。

満足したのか「後ろを向いてフェンスにてをつけ」と言われました。

その通りにするとおしりを引き寄せられ、バックから挿入されました。

「あぁっ…」もう声も我慢できませんでした。

激しく後ろから突き上げられ立っているのがやっとでした。

つつかれながら胸をもみしだかれ、言いたくなかったけど「はぁっ…あっいいぃ…いっちゃう」と、わたしからキスを求め、感じてしまいました。


声がでかかったのか、相手はわたしの口を抑えてきました。

更に感じてしまいました。

幸いにもちゃんと外に出してくれました相手がいった後は服を直され「電話する」と去っていきました。

番号ちがうのに… あんなに感じてしまったのは初めてでした。

くやしいけどまた体験したい、無理やりなのに感じてしまうってやっぱり変態ですか?ですがまたしたい…