0273
(ヤダ……何これ……)
女友達と夫と三人で飲んでいたワタシは思った。

見ると女友達も顔が赤くなり、横座りしている足を何度も組み直していた。


(アソコがムズムズしてる。

入れたい。

セックスしたい。

)

ワタシは夫を見ると夫はにやけていた。


(何かお酒に入れたんだ……)
夫は妻の背中に触れた。

「はあっ」
ワタシの声が漏れた。


(ダメ…したい…でも…)
「やりたい」
夫に囁かれると、恥ずかしそうに頷いた。


「なあ、面白い事しないか」
夫が窓を開けると若い男性達の声が2人の耳に飛び込み、その男性達に夫が信じられない事を言っていた。


数分後4人のまだ若い男性と言うか男の子達が部屋に入って来るのが目に飛び込む。

「いいんすか」
一人が聞く。


「あ、こっち俺の妻だから好きにして」
(あなた…どうして)

触られる度、ワタシの声が快楽に変わる。


「も…入れて…」
(友達の前で恥ずかしい…)

隣を見ると、夫と自分の友達が重なり合ってるのが見えた。

不思議とヤキモチは無かった。

友達の喘ぎ声が耳に届く。

(私の夫、いいでしょ、羨ましいでしょ)

ワタシは優越感に浸っていた。


「ねぇ、アナルもいいのよ…」

夫に仕込まれてから、すっかり病み付きになってしまった。

ズブズブとワタシのアナルに男の若くそそり立った肉棒が入っていく。

アソコとアナルの両方に支配されても、ワタシはまだ欲していた。


「口にも手にも頂戴」

片方の手で握りしめ、口にいっぱい頬張る。

頭を掴まれ喉の奥に何度か突かれる。

少しだけ嘔吐感はあるが、気にならない。


「もうダメだ、ィッていいですか?」

「中に出してもいいよ」
ワタシの夫が言った。


男2人はコクンと頷くと中に奥深く精を吐き出した。

(アアッ!いいっ!ドクンドクンって…子宮に精子がぁ……)

ワタシもイッた瞬間、潮を噴いた。


「変われよ」

口と手の2人がそう言うと同時に突き刺す。


「ハアッ!いいっ!いいっ!突いて突いてっ!」

「旦那さん、俺ら満足するまでいいッスか」

「妻を…メス豚を精子まみれにしてやってくれ。


「頂戴、お腹パンパンになるまで、精子ぃ~いっぱいいっぱい~」

「な変態だろ」

「ねー話ししてないでもっとぉ」

「わかったって」

その時、ワタシは知らなかった、夫が友達と次の約束をしてた事を。


朝まで続き、満足した高校生とワタシの友達は帰って行った。

ただ1人自分で自ら快楽を貪るワタシを残して。



終わり。