0363
俺が若い頃 会社の忘年会があり飲み直そうという事で同僚の坂下を家に招き入れた…妻はいい顔はしなかった…

三人で飲んでいると嫁も酔いはじめた…酒に弱い俺は床に着いた…

嫁は片付けて寝るといい坂下は遅いので泊まるように進めトイレに行き寝ると言っていた…

喉が乾き目が覚めた…時間は遅い一時を回っていた…扉を開けようとすると嫁の喘ぎ声が聞こえて来た…

まさかと思い扉を少し開けると全裸の嫁が坂下の上でヨガっていた…

チキンな俺は扉を開けられず二人の行為を見ていた…正常位に成り坂下は嫁の腟をガンガン突き出した…

嫁は坂下に足を絡め腕は肩に回しディープキスを始めた…嫁は坂下の舌に絡め唾液を飲まされていた…マルで愛し合うカップルのsexのようだ…

アンアンアン~イヤン~俺は勃起しだした…

坂下さん私逝きそうよ~アア~イヤン~アンアン~ウウン~里美ちゃん俺も逝きそうだよ~坂下さん外に出してね~今日危険日なの~坂下は耳を貸さず里美ちゃんオオ~駄目~中に出さないで~オオ~中に出すぞ~アア~イヤ~逝く~ドクドクドクドク~ドピュ~アア~坂下は危険日の嫁の腟奥深くに精子を注ぎ込んでいる…

三分以上繋がったままだ…嫁は泣き出してトイレに駆け込んだ…ウォシュレットで精子を出すからだろう…

トイレから戻る嫁を坂下は抱き締めていた…坂下は嫁の唇に舌を入れた…嫁も舌を絡め唾液を交換している…

里美ちゃん好きだ~駄目よ~私には主人がいるのよ~坂下は嫁をソファーに押し倒し愛撫を始めた…

坂下さんやめて~駄目だったら~坂下はクンニしだした…左手で胸を揉み…クリをツマミ舐め回した…

もうイヤ~駄目だったら~坂下さんもうやめて~じゃあ里美ちゃん俺のしゃぶってよ~嫁は泣きながら坂下のジュニアを扱き舐め始めた…

里美ちゃん~上手いねぇ~アア~気持ちいいぞ~69の態勢になり坂下もマン汁を吸い始めた…嫁はピクンとし坂下の愛撫で感じていた…

ウウン~アア~イヤン~駄目~坂下は嫁を下にしジュニアをぶちこんだ…

イヤ~アア~アンアンアンアン~里美ちゃん好きだ~里美ちゃんのマン○気持ちいいぞ~旦那が隣で寝ているのに~こんなに濡らして他人の肉棒くわえ込んで悶え狂う人妻なんだねぇ~イヤ~主人の事は言わないで~アア~嫁は坂下の妻のように受け入れている…

坂下さん私また逝っちゃう~アア~アン~イイ~わぁ~お願いキスして~嫁は坂下に自ら舌を絡め唾液を飲んでいた…

里美ちゃん俺も逝きそうだよ~もう中は許して~じゃあ口に出すよ~坂下は引き抜き嫁の口に射精した…

ドピュドピュ~里美ちゃん飲んで~嫁は首を振り許しをこうていた…駄目だ飲め~嫁はは鼻を摘ままれ無理矢理飲まされた…

もう酷い人~嫁はうがいをし戻ると坂下を睨み付けた…坂下は嫁の隣に座り肩に腕を回した…坂下は嫁の唇にキスをし舌を差し込み嫁の舌を吸っている…

坂下の左手は胸を揉み乳首を揉み…マン○を直に触り始めた…クチュクチュクチュ嫁のマン○は手マンで逝かされていた…

里美ちゃんもう一回しよう~もう駄目よ~嫁は口ばかりで坂下のジュニアを欲していた…

坂下は嫁をソファに手をつかせバックからゆっくり挿入した…

アア~イヤン~アンアンアンアン駄目よ~パンパンパンパン部屋に肉のぶつかる音が響いた…

駄目~逝く~里美ちゃん俺も逝きそうだよ~中に出して坂下さんの精子私の私の中に出して~里美~逝くぞ~坂下は嫁の腟奥を汚した…

嫁は坂下の肉便器になっていた…俺はパンツの中に三回も射精してしまった…

あれから二人の関係は続いている…

俺は嫁との離婚を進め坂下から慰謝料をふんだくるつもりだ…