0500
サヤカ(仮名)に久々に会ったのは今年の4月やたらと天気が良い日だった。


アレっ?と思い声を掛けてみた。


俺「サヤカ?何結婚したって噂で聞いてたけど…子供も産んだの?」

サヤカ「あ~コロスケさん!久ぶりぃ。

直美さんも元気ぃ?」


俺「おー相変わらずだよ。

何?この辺に住んでんの?」

サヤカ「うん、そーだよ。

ちょっと寄ってかない?時間とかって無い?」


俺「いや、全然暇やから。

良いの?」


サヤカ「どーぞどーぞ。

旦那も出張で北海道だから遠慮しないで。


話し相手居なくて寂しかったんだからぁ」

俺「ほんじゃぁお邪魔すっかな?」

住まいは平屋の貸し家だった。

時間は6時頃だった。

サヤカは赤ちゃんに母乳をあげながら話し始めた。


俺の目の前で元々はBカップ位だが今はDカップあるそーだ。


乳首と乳輪はやや大きめで黒かった。


まぁ乳飲み子が居るから当たり前だけど。


赤ちゃんを寝かしつけに寝室へ入ったので、俺はトイレにそして洗面所へ。


そこで恒例の洗濯籠チェック。


薄いグリーンのパンティのクロッチ部分はオナった時に出来るシミが…

旦那は半年も出張してるって言ってたからなぁと思いながら部屋に戻った。


部屋に戻り暫く話してると、ソファの脇に電気按摩を発見。


「おっ!サヤカ何これ?」

サヤカは慌てて「えっ!?あっそれ…あの…何?」と顔を赤らめて困っていた。


「マッサージのヤツだべ?何肩とか凝るから?」

「そっそう抱っこしたりするから肩こっちゃって…」

「ふ~ん大変だねぇ、どれやってやるよ」

と言いながらサヤカの背後に回り、肩~腰に当てがってマッサージをしてあげた。


「あ~コレ良いなぁ気持ち良い~」

と言いながら俺は電気按摩をチンポに当てた。


「やだぁ~コロスケさん何してんのぉ~?そこ凝ってんのぉ~?欲求不満なのぉ~?」

と言いながら、俺のチンポが段々勃起し始めてるのを見つめていた。


「なんだよ~、コレが正しい使い方なんだぜぇ?

欲求不満はサヤカだべぇ~?どれ…俺がマッサージやったげるよ」

と言って左手でサヤカの背中に手を回し、

右手に持った電気アンマをジーンズのミニスカの中に突っ込んだ。


耳元で優しく「サヤカ、二人きりだから恥ずかしがらなくても良いよ」と囁いた。


「う…んあぁ」と声がもれた。


「自分でマッサージするより気持ち良いだろ?」

「うん気持ち良い…」

サヤカの手をとり、トランクスの中のチンポを握らせると、しごき始めた。


「サヤカ見たい?フェラする?」

と聞くと、無言で頷いて短パンとトランクス一緒に脱がせてくれた。


そして口に含みゆっくり味わうようにフェラしはじめた。


「コロスケさんの大っきい…あたし、こんなに大っきいの初めて…」

俺はサヤカのTシャツの中に手を入れ、優しく揉んだ。



授乳してるからノーブラだった。


体勢を変えて69の形になった。


サヤカのパンティは既にグッショリだった。


「サヤカ自分で脱いで」

サヤカは片手でパンティを降ろし、俺にまんこを押しつけた。


クリはぷっくり膨らんで、愛液でベチャベチャだった。


たっぷり舐めてGスポットを攻めまくった。


サヤカは脚をガクガクさせてイキまくってる様子だった。


「サヤカどーした?何が欲しいか言ってみな」

「あ…あぁんオチンチン頂戴…サヤカのまんこにいれてぇ…ぉ願い…」

俺はミニスカを履かせたまま、生でガンガン突いてやった。


サヤカのよがり声に赤ちゃんが泣き始めるが、

サヤカは自分の快楽に溺れ、お構いなしだった。


「サヤカ、イキそーだ!抜くか?」

「ダメぇ!そのままぁ中にだしてぇ~」

ずっとバックで激しく突いて、いつものよーに奥でたっぷり射精。


出した後も尚突いてやった。


もちろんサヤカにも俺の子を妊娠させる為に。


放心状態のサヤカは四つん這いで周りに毛の生えたアナル。


俺の精子が垂れ流れてパックリ開いたまんこを俺に向けていた。


赤ちゃんの泣き声も聞こえ、異常なシチュエーションだった。


俺は携帯を手に取り、写メを撮った。


サヤカを後目に俺は着替え、赤ちゃんをあやし眠ったのを確認して、

「サヤカ、俺行くからな。

サヤカ良かったよ。

またシよーな!」と声を掛けると、


「コロスケさん、また来てね。

今度はお母さんに子供預けてゆっくり楽しもーね」と答えた。


頷き、サヤカの家を後にした・・