gensenero006-20
私は38歳の2人の子持ちの専業主婦です。

主人は私の過去のエッチ話を聞きたがり、それを話したときは激しく求められます。


それから「3Pをしよう」とか「他の人としたらどうだ?」と言われ断ってましたが何度も言われてるうちに


「そうねぇ上手な人でアソコのおっきい人としたらたまらないかもね」と言うと、主人は興奮のあまりいつも一回で終わるのがその日は2回も求められました。


数日後、「相手が見つかったよ。

47歳の年上の方で精力絶倫らしいんだ」と言われました。


「えーうそぉ困るよあなたの前でなんて死んでもできないから」というと、「相手の人も私の前では無理ってことでお前と二人で会うことになったんだ。

ほらパソコンに顔写真があるから見てみてよお前の好みだと思うぞ」


と主人の膝の上に座らされて写真を見ました。

主人は私の年上好みを知ってるため、清潔感があり筋肉ムキムキなガッチリした方でした。

私の好みの体型に顔も素敵な人でした。


「えー」といいながら見入ってる私の服の中に主人は手を入れてきて乳首を触り始めると、「乳首が硬くなってるぞ」と言われました。


そのときに見ていた写真は相手の方の大きなアソコの写真でした。

心で(凄い大きい私どうなるんだろう)と私のアソコはムズムズしてました。


そして主人に「さっき明日の日中に会いましょうと約束したんだ」と言われ、「そうなの?」と動揺がばれないように答えると、主人は私のズボンをさげて挿入してきました。


主人のパンパンのアソコは凄く気持ちよく私も腰が動いちゃうほど興奮してました。

「なぁ一回でもいいからエッチしてきてくれないか?」と言われ、「本当にそんなことしてもいいの?嫌われたらいやよ」と言うと


「いや凄く興奮しちゃうんだ。

たださぁ、帰ってきたらどんなエッチをしたか教えてくれないか?」と言われました。


私は「それはいいけど」と言うと主人は喜び、「出そうだ」というので「いいよ」と答えると、「明日会うんだから中はやめとこうよ」と言われ、私は「お口に出していいよ」といいました。


熱くてドロッとした大量のが出され、興奮していた私が飲みこもうとすると、主人が「ほら、ここに出して」とティッシュを渡されてそこに出しました。



次の日の下着を主人が選びヒモTにガーターを準備し、主人に抱きつき寝ました。

翌日、主人が出勤のときに私を車で送ってもらうので私も準備しました。


子供のご飯の準備中も私は緊張とこれから会う男性とのことを考えて、太ももまで濡らしていました。


そして主人に送ってもらうと待ち合わせ場所に相手の男性が車で待ってました。

主人と男性がまず挨拶をし、私を相手の方に主人は預けると、「大切にお返ししますから」と相手の方に言われ、主人は仕事に行きました。


車に乗せてもらい「まずはカフェにでも行きましょうか」と言われ、車中もずっと話しかけてくれ、カフェに着くときには私はお腹が痛くなるほど笑わされてました。


コーヒーを飲んでる時も私を褒めてくれ、優しい主人も褒めてくれ、私はすっかり安心するほどになってました。


「今日一日私の彼女になってもらいますね」と言われカフェを出ました。

ホテルに着き部屋に行くまで手を繋いでいました。


会って1時間くらいでこんなにいちゃついてる自分に驚くほどでした。

エレベーターを待つ間にほっぺにキスをされエレベーターに入ると舌を絡めあってました。


胸も直接揉まれ、私は彼の首に手を回すと、胸の部分が彼に捲られて胸があらわになりました。

恥ずかしいけどそれ以上に興奮してました。


エレベーターから降りると彼はそこで私の服を脱がし、スカートも脱がされました。


そしてまたキスをされ、「こんなエレベーターの前でして誰かがきたらどうする?」と言われましたが、初めての体験にかなり興奮していました。


「見られてもいいよ」と私は乳首を彼の口に入れ舐めてもらいました。

「あぁぁぁんあぁぁぁん」と声を出すと、


「よーし俺のもここで舐めてもらおうかな」とアソコを出され実物が見えました。

「やっぱり大きい」と言い私は舐めました。


「そろそろ部屋に行こうか」と私はガーター姿で廊下を歩いて部屋に入り、彼をベッドに座らせフェラをしました。


彼は「今度は私が」と私のアソコを舐めてきました。

「凄い濡れてるよ」というと、アソコと太ももとお尻の穴まで舐めてくれました。


「イキそう」と伝えると「私のでイッテください」と言われ、正常位でゆっくりと入ってきました。

「凄いいっぱいだし硬くて裂けちゃう」と言いながらイキました。


「全部はまだ入ってないよ」と言われましたが凄く気持ちが良かった。

奥まで来た時には呼吸もできないほど深くイキました。

それからバックでされ何度もイキました。


何度もイッタことがなかった私には、意識がなくなりそうなほどの快感でした。


そして彼が「出すよ、お口をあけてね」と言われ口をあけると、大量の精液が出されました。

さらっとしててすぐに飲み込めました。


それから彼は私を抱きしめてくれ、私は少し寝てしまいました。


目が覚め、お昼にしようと部屋にランチを頼み一緒に食べ、その後は私のアソコが痛くてそれで終わりにしました。


夜、主人に話すと大興奮してくれました。

ただ主人には「キスはしなかったよ。

正常位で一回だけでゴム付きだった」って報告しました。


今も主人公認で月一で会ってます。

安全日に会って中出ししてることは言ってません。