0100
夕方、家族でくつろいでいると嫁の携帯電話が鳴りだした。

「え!そうなの~」
「大丈夫なの?!」
「うん、こっちはOKだよ~」
家族全員、嫁の話に聞き耳をたてた。



話の内容というのは、嫁の妹Kちゃんが父親と大喧嘩をして、家を飛び出したらしい。

だから、我が家に泊めて欲しいとの事。


子供達は大はしゃぎ
俺も明るく元気で可愛いので大歓迎

すでに近まで来ていたのか
直ぐにKちゃんはやってきた。


挨拶もそこそこ、子供達に捕まり子供部屋に連れていかれた。


その間に俺と嫁は、簡単なつまみを作り[Kちゃんの愚痴を聞く会]の準備をした。

しばらくして
子供達とKちゃんは一緒に風呂に入り、先に出た子供達は嫁に連れられ、子供部屋で寝かされた。


Kちゃんも風呂から
白いTシャツでノーブラ、下は赤いホットパンツという、エロ過ぎる格好で出てきた。


俺は目のやり場に困り、逃げるように風呂に行った。

嫁も直ぐに入ってきた。

風呂から出ると、すぐに
[Kちゃんの愚痴を聞く会]が始まった。


Kちゃんは凄いペースで酒を飲み、父親への愚痴を漏らしまくった。




俺と嫁は、聞き役に徹した。


嫁は、とても家庭的で俺から見ても、家事も育児も完璧。


一方、独身の妹Kちゃんは、バイクや車が大好きな、社交的な元気娘。


同じ親から良く、こんな対照的な二人が・・・

そんな事を考えながらKちゃんを見ていると

声のトーンのさらに大きくなり、酒のペースもどんどん早くなっていった。


そして、Kちゃんは酔い潰れた。


嫁が布団を敷いて、そこに寝かせた。


その後、嫁の実家のことなどを話ながら、酒を飲んだ。


普段は、Hに消極的な嫁も、酒が入ると積極的になる。


Kちゃんが寝ている直ぐ前でキスをすると、嫁もいつもより興奮するようで、積極的に舌を絡めてきた。


もう我慢できなくなった二人は、Kちゃんが完全に寝ている事を確認して、隣の寝室に行った。


いつもより興奮している嫁をもっと喜ばせばようと、
耳朶から首筋へ
腋の下から乳房へ
そして、乳首へと指先と舌先で優しく愛撫を繰り返した。


そして、今度は足の指を味わい
膝の後ろから内ももへ
アナルを舐めながら、指先で円を描くようにクリトリス愛撫する。


そして、乳首を転がしながらクリトリスを優しく甘噛みする。

嫁はタオルを口に挟みながら何度も絶頂を味わった。


そんな時、扉が開きKちゃんが立っていた。


「ズル~イ フハリダケデ~」
完全に呂律が回らなくなり、目がすわっている。


「ワハヒモ~マゼロ~」と
布団に腰を下ろしTシャツを脱ぎ捨てた。


俺と嫁は唖然としていた。


Kちゃんは俺の顔の前に形の良い綺麗なおっぱいを突き出し
「ナメロ~ ナメロ~」
「Kちゃん、ちょっと」
「オネ~ハンノハ~ナメラレテ~ワハヒノハ~ナメラレネ~ノハ~」

余りにでかい声で叫ぶので嫁も近所迷惑になると思い
俺に「少しだけ、舐めてあげて」と
「ホラ~ハアク~」
Kちゃんは乳輪の小さなピンク色の乳首を俺の口に押し付けた。


「ア~キモヒ~」
「モット~ナメロ~」

しばらく舐めていると今度は、横になりホットパンツとパンティーを脱ぎ捨てた。


「ココヲ~ナメロ~」
足をガバッと開き又を指差した。


流石に俺が動揺しているとKちゃんは、
足を持ち上げ俺の首に絡め、一気に股間へと引き寄せた。


「ア~キモチ~ア~ア~ググ~グ~グ~」

Kちゃんは、全裸で実の姉の旦那にアソコを舐められながら眠りについた。


Kちゃんに服を着せ、リビングの布団に寝かせた。


二人共、疲れ果て、そのまま布団で眠った。



次の日、Kちゃんは
「飲み過ぎた~」
「頭いた~い!」
「私、ここで眠ったの?」
「昨日の後半は全然、記憶無いよ~」

嫁と二人、苦笑い。


“恐るべしKちゃん”