5d68121a-s
中学1年の夏、高2のいとこのお兄ちゃんに奪われました。


毎年恒例で親戚が花火大会を見に家へ遊びに来たときのことです。


両親は買い物に行って2時間くらい帰ってこないと言っていたので、私は中学に入って覚えたオナニーを始めていました。

しばらくしてチャイムが鳴り、慌ててタンクトップと半ズボンで出て行きました。


すると「部活が終わってそのまま自分家に寄らないで来た」と言って、いとこのお兄ちゃんが来たのです。

居間に上がってもらい、麦茶でも出そうと台所へ行ったとき、急に後ろからお兄ちゃんに胸を触られました。

「あれブラしてないの?」と言われ、ドキっとしました。


そうです、オナニーの途中慌ててたので、そのままタンクトップを着ていたのです。


「オナニーでもしてたりして」と言われ、私は顔を真っ赤にし、何も答えられなくなってしまいました。


するとお兄ちゃんは「なんだ図星か?ませてるなぁ。

じゃぁもっといいこと教えてやるよ」と言って、居間で私を押し倒そうとしました。


私はもし誰か来たら困ると思って「私の部屋に行って」と頼みました。


部屋に行くとお兄ちゃんはベッドに私を押し倒し、キスしてきました。

手はタンクトップをたくし上げ、おっぱいを揉んでいました。


「ちょっと触っただけで乳首立つなんて、ももはエッチだなぁ」と言われました。


そして片方の乳首を舌で舐めたり転がしたりしながら、もう片方は手でモミモミして・・・というのをしばらく左右交互に繰り返されました。

オナニーの途中だったのと、いとこのお兄ちゃんにされてる・・というので、私のアソコはもうぐっしょり濡れていました。


しばらくしてお兄ちゃんは私の短パンとパンティを取り、直にクリを触ってきました。

左手で乳首、右手でクリと、2つのオマメを同時に弄られ、すごく感じてしまいました。




「あんっ」と思わず声も出てしまいました。


「うわぁ・・もものおまんこ、すごく濡れてるよぉ」と言われ、「恥ずかしいから見ないで!」と言いました。


すると、お兄ちゃんは私のアソコに指を入れ、クチュクチュしてきたのです。

いやらしいグチュッグチュッという音が部屋いっぱいに響きました。


「ほらぁ、もっといやらしくしてやるよ」と言われ、だんだん指を早く動かしてきたのです。


「ああーっ」と声が出て、私はイってしまいました。


私はこれで終わりだと思っていたのですが、お兄ちゃんはズボンとパンツを脱ぎ、「今度はオレを気持ちよくしろ」とちんちんを私の口の中に入れてきたのです。


「先っぽを舐めろ」「下から上へ舐めろ」「歯を立てずに口の中に入れろ」「顔を早く動かせ」と、色々指示されました。


おにいちゃんのモノが大きくなってくるのが判り、好奇心と言い知れぬ恐怖心とで入り乱れていました。

お兄ちゃんは「ううっ・・・よし」と言うと、私を寝かせ、足を大開きにして大きくなったモノを私のアソコに押し付けてきました。


私は怖くなり「お兄ちゃんやめて!」と言いましたが、「オナニーよりももっと気持ちよくしてやるよ。

少し痛いけどガマンしな」と言われ、ズブズブッと入れられてしまいました。


私はすごく痛くて顔を歪めていました。


「うーっやっぱきついなぁ。

痛いか?もう少ししたら良くなるからガマンしろよ」とお兄ちゃんは言い、少しずつピストンし始めました。


イタイイタイと思っていたのですが、一度イカされていて濡れていたからか、だんだん痛みが無くなってきました。


「もも~、きもちいいよぉ~~」と言われ、ちょっと嬉しくなったりもしました。


私が痛がらなくなったのが分かったのか、「よし、今度は違う格好で入れてやる」と言われ、バックで入れられました。


さっきよりももっとお兄ちゃんのモノが奥に入ってきて「ああーーっ」と声を出してしまいました。

お兄ちゃんはだんだん動きを早くしていき、「うううー・・・イクッ」と言って中に出してしまいました。


私はびっくりして「妊娠しちゃうの!?」と言うと、「ももはこの前いつ生理がきた?」と聞かれ、「おととい終わった」と言うと、「じゃぁ妊娠しないよ。

大丈夫」と言われました。


この時はイクことは出来ませんでしたが、お兄ちゃんが大学に受かって遠くに行ってしまう間、何度かセックスしているうちにイクことが出来ました。