0068
新宿の某ビル内で働いていた頃のことです。


女性総合職では一番年下だった私は、いつも要領悪く最後まで残って残業してました。

そうすると、当然、書類を待っているS課長も残ることになってしまった。


いつも「お先にどうぞ」と言っても、最後の印鑑を押すまで残ってくれて、申し訳ないのと、30代半ばで独身の課長としーんと静まったオフィスに残って、カタカタとキーボードを打つのが、なんとなく嬉しいような感じだった。


その日は、いざ帰ろうと思ったら、会議室にデータを入れたDVDを置いて来てしまった事に気付いて、慌てて取りに行った。

地上25階の会議室は、暗がりに夜景が映えて不思議な感じがした。


器材の横にあったDVDを取りに行った時、ドアの閉る音がした。

慌てて振り返ったらS課長がいた。

ほっとして「ありましたよ」と声を掛けたら手を握られて、抱きしめられてディープキスされて、ガクンと体から力が抜けてしまった。

長い長いキスの間にスーツの襟元から、中のブラウスの胸元だけボタンを外されて、ブラをずり上げられて、乳房だけが裸で突き出されたみたいな恥ずかしい格好にされた。


柔らかいタッチで乳輪をくすぐられて、弾力を楽しむように乳首を摘まんで転がされて、夢中で舌に吸いついている間に、乳首は固く痺れて、掌で包み込まれるように乳房が揉まれ揺れていた。


やっと唇が解放された時、耳元で「自分で捲り上げて」という声。

真っ赤になりながらも、逆らえなくてタイトのスカートを腰まで捲り上げた。


お尻を掴まれるように揉まれながら、少しずつ恥ずかしいところにかかってくる指、それが、ピリッと、ストッキングを引っかけて穴を開け、それは丁度足の合わせ目一杯の穴になっていた。


指先が太股の付け根から忍び込んでくると、ジン、と痛いくらい食い込ませて引っ張り上げられ、割れ目に白いショーツを挟み込んで、両端からヘアがまる見えになった。


その状態で、机に倒された。

靴をはいたままの脚が大きく開かれて「手で脚を押さえてて」と言われた。

食い込んでたショーツを横にずりどけられると、じわっと溢れるのが分かっていた。


そうしたら「もう、びしょびしょになってお口開けてるじゃない」って言われたら、首を振るしか無かった。

指先で丁寧にクリトリスを剥かれて、くるくると優しいタッチで円を描かれる と、じんじんするくらい固く膨らんでいた。


「ひくひくしてる」と言われながら、花びらを拡げられて、ゆっくりと指が中に入ってくる。

自然に腰がびくんと跳ね上がって感じていた。


「何本入るかな」と楽しそうに、中をクチュクチュとかき回されて、ゆっくりと抜き差しされる指が二本、三本目で、ぐっちゅ、という音を立てて襞を巻き込んで来た。


「も、もう、だめ、入らないです」と泣きそうになりながら言うと「随分柔らかくなったけど、これじゃ辛いかな」って、極太のチンポをあてがわれて、ぬるっ、ぬるっと入り口をなで回された熱い塊の感触にびっくりした。


大きい。

手首くらいありそう。

ゆっくりと、押しつけられたり、なで回されたりしてたそこに、指が添えられ、ぎゅっと開かれると同時に、ずずっ・・・・・・ずぼっ!って、すごい音と、圧迫感だった。


一番大きいところがくぐる瞬間、悲鳴をあげてしまって、ぴちゃって蜜が飛んだ。

二、三度、ずぶ、ずちゃ、と入り口を拡げるように先だけ出入りしてたのが・・・・・・「いくよ・・・・・・」って。


思わず構えたところに、ずっずぶぶぶって、きつきつのところを抉るように入ってくる。

「やぁ、だめぇ、大き過ぎますっ!」って泣きながら、首を振っても「くわえてるよ、ちゃんと」、そして、ずんって子宮の入り口が抉られるくらい、深く突き刺さった。


「いいこだね、ちゃんと飲み込んだ」と言われたけど、お腹の中、課長ので一杯になって、身動きもできずにいると、次第に、ずっちゃ、ずずっ、ちゅぶって、引っ張り出され、また、ずぶっ!と突き入れられる。


私は「壊れちゃう、壊れちゃいます」って悲鳴あげながら、お尻の下まで滴るくらい濡らして、ひくひくしながら、ずぶずぶ突かれて、おかしくなりそうになった時、つぷっ、って、ぴんと張ってたアナルに指先が触れる。


「ひっ」て悲鳴上げて真っ白になった所を、ぐりぐりと奥まで突き込まれて、チンポの先から熱いのがドピューと中にあふれた・・・。

ずぼって抜かれた後、白いのがとろとろ流れ落ちるくらい逆流していた。


シチュエーションから気絶しそうなくらい良かったのって、その時かな・・・。